住まいのこと:ライフスタイル総合研究所

ライフスタイル総合研究所



ライフスタイル総合研究所TOP

 住まいのこと

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 既存住宅状況調査技術者4

投稿日:2017年08月15日 09:00

■既存住宅状況調査技術者になるためには 既存住宅状況調査技術者として登録するためには、建築士が既存住宅状況調査技術者講習を受講し、修了考査に合格することが必要です。 講習は、建築士であればどなたでも受…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 既存住宅状況調査技術者3

投稿日:2017年08月11日 09:00

■既存住宅状況調査(インスペクション)とは 既存住宅状況調査技術者が行う既存住宅状況調査(インスペクション)とは、構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱等)に生じているひび割れや、屋根、外壁等の雨漏り等の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 信頼関係を壊す業者の甘い判断 1-3

投稿日:2017年08月10日 09:00

定価のあるキッチン・ユニットバス・洗面台などは一般的な見積でしたが、施工費に関してはすべての項目が相場より大幅な高値となっていました。 Iさんには、私が見積を見ながら詳細に説明しましたが、絶句すること…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 既存住宅状況調査技術者2

投稿日:2017年08月03日 09:00

平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることで、宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や既存住宅…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 信頼関係を壊す業者の甘い判断 1-2

投稿日:2017年08月01日 09:00

第1は「この仕事はしたくない」という時に断られたいので出す見積です。第2は異業種(建築関係以外の業種)から参入したリフォーム業者の中に、総合的な建築知識の不足によって下職から素人扱いをされている場合で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 既存住宅状況調査技術者1

投稿日:2017年07月27日 09:00

■既存住宅状況調査技術者とは 既存住宅状況調査技術者とは、平成29年2月に創設された既存住宅状況調査技術者講習制度による新しい技術者資格です。 ■背景として 平成28年3月に閣議決定された「住生活基本…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 信頼関係を壊す業者の甘い判断 1-1

投稿日:2017年07月26日 09:00

100万円位の差なら、以前から相談していたリフォーム業者に頼みますからね、と話していたIさんは3社の見積を見て、誰を信じたら良いのか判らなくなってしまいました。 3社の見積はA社(以前から相談していた…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「私は消費者の代理人です」3

投稿日:2017年07月15日 09:00

そして、仕上表と図面によるリフォーム箇所ごとの説明に入りました。朝日新聞2007年10月2日の生活欄にその時の様子が写真で紹介されました。約2時間の説明が終り、私から「見積書は今日から20日内にIさん…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「私は消費者の代理人です」2

投稿日:2017年07月07日 09:00

建築基準法に適した施工であれば何も問題はありません。私はIさんと皆さんの間に入る潤滑油の立場になります。今まで施主さんとの認識の違いから何日も工事が中断したことはありませんでしたか。こうした問題もスピ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「私は消費者の代理人です」1

投稿日:2017年06月29日 09:00

相見積りは町場の工務店とリフォーム業者からも取ることになり、合計3業者の競争見積となりました。業者側にとって平等な条件となるために当社独自の仕上表を作り、材料を指定しました。他のメーカーでも性能が同程…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「70万円の費用で約950万円の節約」3

投稿日:2017年06月15日 09:00

図面を持参していました。1階が店舗で2階が住める「住居付貸店舗を3店舗(約50坪)の大規模リフォームです。 「すでに業者は決めていたのですが、他からも見積を取れ」と、家族がいうものですから、この相談が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「70万円の費用で約950万円の節約」2

投稿日:2017年06月06日 09:00

次は私がエージェントとして「消費者側に立った代理人」の事例をお話します。Iさんは停年時に我が家の大規模リフォームを考えていました。駅までの通勤の帰り道にあるリフォーム業者の店に立ち寄って相談をしていま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「70万円の費用で約950万円の節約」1

投稿日:2017年05月29日 09:00

人間ほど感性の豊かな動物はいません。言葉使い一つで好きになったり嫌いになったりします。消費者の方が「この見積りは高過ぎませんか、面積が多過ぎますよ」と言った場合、業者・職人は「うちは丁寧な仕事をするの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「4000円で50万円の節約」2-3

投稿日:2017年05月14日 09:00

「先日、建築に詳しい親戚が来たので見積を見せたら面積の誤差分約53万円が分かりました。私が信頼できる人なので計算間違いをしたのだと思う」と言ったら「あっ、それでやって頂けるなら、その方にやって頂きなさ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「4000円で50万円の節約」2-2

投稿日:2017年05月02日 09:00

前号では4000円の費用で50万円の節約が出来たという結論から述べましたが、今号では具体的なアドバイスを述べます。大田区の方の家は約25坪です。見積額は税・諸経費を除いて約156万円でした。求積算出に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「4000円で50万円の節約」2-1

投稿日:2017年04月25日 09:00

私の本を読んで相談にくる消費者のイメージは、講演という壇上でのスーツ姿の私の写真ではないかと思います。その私が自ら作業服を着て床下に潜り埃まみれになって、頭にはくもの巣をつけて這い上ってきた時、消費者…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 プライドを捨てた建築OB3

投稿日:2017年04月14日 09:00

見積書をFAXで送信してくださいと連絡しましたら、壁と屋根の見積書2枚が送られてきました。4000円の仕事です。チェック(平面・立面の図面も送られてきましたが料金には入りません)すると足場も屋根も壁の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 プライドを捨てた建築OB2

投稿日:2017年04月07日 09:00

対応出来るエリアを関東近県に絞りましたが、多忙な建築OBには現場と原稿と講演が重なって、消費者の方に顧客満足度を与えることが出来ずに失敗が多発して、心の葛藤に苦しみました。そんな時「消費者の住宅教室」…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 プライドを捨てた建築OB1

投稿日:2017年03月30日 09:00

「消費者応援の会」の具体例をお話します。それは失敗から這い上がった20年間の集大成でもあります。前半の10年間は苦しみの歳月、後半の10年間は喜びの歳月になりました。消費者向けの本を出版して、大企業や…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 人の体と家のリフォーム2

投稿日:2017年03月03日 09:00

又、近くの業者を薦める方もいます。これは間違いではありませんが、それよりもっと大事なことは紹介する方がその職人の「心と技」をどこまで知っているかということです。あの工務店が良かったと紹介されても同じ職…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 人の体と家のリフォーム1

投稿日:2017年02月23日 09:00

人の「体と家」は、名医と匠大工によって長持ちします。名医に掛かると1回の診断と治療で治してくれますが、経験不足の医師に掛かると何回も診断されて無駄な薬を飲まされて、体はガタガタになってしまいます。匠大…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」の特徴3

投稿日:2017年02月10日 09:00

住まいの売却の場合などは地域の環境と将来性から判断して、最適な価格を提示するのが熟練の不動産企業です。リフォームの場合には、家族構成に合せて30年後でも無駄のないライフスタイルを提案するのが建築OBで…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」の特徴2

投稿日:2017年02月02日 09:00

当会は建築士と不動産企業と工務店と建築OBの四者が一体となって活動するシステムです。住宅にはいろいろな構造があります。形も違います。築年数も違います。どれ一つ同じ条件の家はありません。そうした家に一番…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」の特徴1

投稿日:2017年01月26日 09:00

当会は消費者と業者の潤滑油になります。トラブルが発生する前に当会が間に入り、円満に解決いたします。消費者と業者が喜び合える住まい造りを提唱いたします。消費者には毎日が楽しく、業者にはロス時間が少なくな…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 リフォーム難民3

投稿日:2017年01月05日 09:00

又、瑕疵保険も必要になります。消費者が自ら理解して選ぶには難しい内容です。判らないからと、業者に任せた以前のようであってはいけないのです。日本の新しい住宅文化は消費者が制度を理解して、自ら建材を選ぶと…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 リフォーム難民2

投稿日:2016年12月29日 09:00

もう一つは信じることの出来ない方で、共にリフォーム難民となって苦しんでいます。日本の新しい住宅文化が始まって、数多くの国策として住宅支援制度が発表されましたが、簡単には説明できない難しい制度と法規が並…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 リフォーム難民1

投稿日:2016年12月25日 09:00

家を造る・大規模リフォームをするという事は、生涯に1度か2度の祝事です。その祝事が業者との対立になったり、職人への不信感になったり、家造りが完成する頃には体調を壊す人や、完成後に論争の末に、訴訟を起そ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ゼロエネルギー住宅4

投稿日:2016年12月16日 09:00

再生エネルギーとして太陽光発電システムなどの機器を家庭用エネルギー管理システム(HEMS)で使用量を表示、制御することで省エネにつながります。ゼロエネルギー住宅の建設を促すために、2016年度は一戸あ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ゼロエネルギー住宅3

投稿日:2016年12月13日 09:00

消費エネルギーが増えれば、温暖化ガスの二酸化炭素(CO2)の排出も増加します。政府は国の温暖化ガスの排出量を2030年には、2013年比で26%削減する目標を掲げていて、達成には家庭からの排出量を20…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 省エネ住まい「自然の太陽と風と木」2

投稿日:2016年12月06日 09:00

生涯に1度か2度の住宅購入なのに大地震で壊れた器具の補償費は誰れが負担するのでしょうか、決して節約にはなっていないのです。業者主導から消費者主導に変化している時代であることを消費者は認識することです。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ゼロエネルギー住宅2

投稿日:2016年12月02日 09:00

経済産業省の規定によると、ゼロエネルギー住宅はまず、住宅の機密性や断熱性を高め、冷暖房や換気、給湯などの設備を高効率にすることで、エネルギー消費量を20%以上削減させます。その上で、太陽光発電など再生…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 省エネ住まい「自然の太陽と風と木」1

投稿日:2016年11月29日 09:00

「消費者応援の会」設立記念セミナーを終えて、参加した方々との対談はマンションが増えて高値で売れているとか、太陽光発電などで節電が出来る住宅が数多く出現したなど、表面的な付加価値の話題が多く、デメリット…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ゼロエネルギー住宅1

投稿日:2016年11月28日 09:00

2015年末に地球温暖化を抑制する新たな国際的な枠組み「パリ協定」が採択されたことで、温暖化ガスの抜本的な削減が求められるようになり、政府は家庭での温暖化ガスの削減に向けて2020年までにエネルギーを…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」設立記念セミナー5

投稿日:2016年11月17日 09:00

・直接契約 消費者と職人が直接契約する新しい制度です。熟練の建築OBがアドバイザーとして応援します。 2016年11月12日(土曜日)に「日本の新しい住宅文化の始まり」と題した設立記念セミナーを一般ユ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」設立記念セミナー4

投稿日:2016年11月15日 09:00

・アドバイザー 小規模リフォームの見積チェックから、中規模リフォームでは建材・製品性能のチェックまで行います。過去の事例では、150万円の外壁塗装が同じ材料と施工で50万円減額して100万円になりまし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローン控除とすまい給付金4

投稿日:2016年11月11日 09:00

目安として収入が425万以下の場合30万円、425万円超475万円以下の場合20万円、475万円超510万円以下が10万円給付可能になります。正確には市区町村が発行する課税証明書※1に記載される都道府…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」をご存知ですか?3

投稿日:2016年11月10日 09:00

このような状況下の不動産・建築業界にあって「消費者応援の会」は消費者と業者の潤滑油的立場となって、家造りは信頼によって喜びながら完成させることを目指しています。スタートしたばかりですが、建築士と不動産…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」設立記念セミナー3

投稿日:2016年11月08日 09:00

◆会の目的と活動 築30年を超えるような木造中古住宅が、適切なリフォームと所有者が主体となった維持管理により、長寿命と資産価値付加の100年住宅になることを目指しています。 1.無料相談会 不定期に一…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローン控除とすまい給付金3

投稿日:2016年11月04日 09:00

返済負担を減らすためには年末のローン残高に応じて、所得税や住民税が軽減される住宅ローン控除があります。毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除できます。所得税から控除しきれない場合、翌年の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」をご存知ですか?2

投稿日:2016年11月01日 09:00

国は1981年以前の住宅を旧耐震住宅として、以降の住宅を新耐震住宅に分けましたが、むしろ建築ブームは35年前(1981年)から2000年の建築基準改正頃まで続きましたから、この年代の住宅に耐久性の弱い…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」設立記念セミナー2

投稿日:2016年10月31日 09:00

◆「消費者応援の会」について 当会は、一般消費者の住まいに関する様々な相談に対応することを目的として、地域に根差し長年活動してきた工務店、不動産会社、建築士の有志(会員)が集まった任意団体です。 代表…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローン控除とすまい給付金2

投稿日:2016年10月28日 09:00

借り入れ後に金利が低くなると予想されるときは変動金利型を利用すると、金利が下がったときに恩恵を受けます。逆に金利の上昇が予想されるときには、固定期間選択型や全期間固定金利のほうが安心できます。 低金利…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」をご存知ですか?1

投稿日:2016年10月27日 09:00

今週の日曜日(2016.10.16)の21:00からNHKテレビ番組で資本主義社会の崩壊を見ました。アダムスミスの資本論「人間の欲望によって無限の成長がある」という理論が限界にきています。世界的な自動…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「消費者応援の会」設立記念セミナー1

投稿日:2016年10月26日 09:00

少子高齢化時代を迎え、豊かな社会の基盤となる住宅市場の整備に向け、政府では現在、中古住宅の資産価値の維持と流通活性化のため様々な施策を打ち出しています。これに呼応して、民間でも多くの企業・団体による取…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローン控除とすまい給付金1

投稿日:2016年10月24日 09:00

住宅ローンの家計負担をできるだけ軽くするためには、住宅ローン選びと優遇策の活用が重要となります。住宅ローンの金利は変動型金利、固定期間選択型、全期間固定金利型の3種類あります。 変動型金利は半年ごとに…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「ビフォーアフターで施工業者が提訴」1-2

投稿日:2016年10月06日 09:00

リフォームには変更・追加は当然に起こるもので、その日の内に所有者に連絡を取って、翌日には施工方法を決めないと、次に入る業種の職人に迷惑が掛かり、工期の遅れる原因になります。私は20年前から三権分立を主…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「ビフォーアフターで施工業者が提訴」1-1

投稿日:2016年09月28日 09:00

元々、テレビ番組の「ビフォーアフター」は匠と番組制作会社の宣伝だと思っていました。一般消費者から「あの値段であの工事が出来るの?」と聞かれることが多く、私は「どう計算しても出来ません」と答えていました…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革8

投稿日:2016年09月18日 09:00

今後、中古住宅流通活性化によって、現在のシェア10数%から20%、30%と大きい上昇を見込んでいます。中古住宅再生術と既存住宅の点検・維持の手法も大改革を迎えようとしています。リフォームは消費者と職人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革7

投稿日:2016年09月17日 09:00

私が10年前に書いた本の中に「あなたの地域に必ずいる建築OBを探してください」と消費者にアドバイスしています。私自身も2007年から2012年の5年間に建築OBとしてアドバイザー・エージェントの仕事を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革6

投稿日:2016年09月16日 09:00

■中古住宅の大規模リフォーム 新築の大幅な減少と大手・中堅のハウスメーカー各々の対策によって、仮に大工職人不足がなんとか現状維持で解決できたとしても、問題は築30年前後の中古木造戸建て住宅の大規模リフ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革5

投稿日:2016年09月13日 09:00

■ハウスメーカーの欠陥住宅 営業力のあるハウスメーカーは売上優先で受注してから泥縄式の職人集めを行ないますが、良い職人はなかなか集まりません。完成引渡日を守るために無理な職人集めをするので、逆にクレー…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革4

投稿日:2016年09月06日 09:00

■職人不足の社会的要因 新築ブームで既存住宅への対応が遅れていた時代ですから、多くの高齢者は訪問業者を歓迎して被害にあってしまったのです。職人不足が直接の原因ではないとしても、新築一辺倒の異常な受注量…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革3

投稿日:2016年09月02日 09:00

■悪質業者が横行 2005年大手新聞社の依頼であるキャンペーンに参加しましたが、ここでは驚く程の詐欺工事です。一つの事例ですが、床下換気扇が相場の10倍、意味のない小屋裏の耐震補強も10倍、小屋裏換気…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革2

投稿日:2016年08月30日 09:00

その頃の図面を見て解体すると、筋交い在りとなっていながら無かったり、在っても梁まで届いていなかったり、配管が入っていないのに穴が開いている大梁や外壁コンパネの上に直接ラス網とモルタルでの仕上げ、サッシ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界の大改革1

投稿日:2016年08月25日 09:00

■大工職人の減少 2010年には、約40万人の大工職人が約80万戸の住宅を建てていましたが、2030年には15万人まで減ると野村総合研究所は予測しています。 ■建築ブームのずさん工事 野村総合研究所の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「中古住宅・空き家対策」に朗報3

投稿日:2016年08月13日 09:00

私達の「消費者応援の会」でも、注目しているのは中古の木造住宅です。構造材に劣化がなく、床下の湿度が安定しているのであれば、リフォームによって更なる30年の長期保持が可能になり、定期点検と早めのメンテナ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「中古住宅・空き家対策」に朗報2

投稿日:2016年08月05日 09:00

更に手入れ次第で100年住宅が可能という木造住宅の特徴が理解され、今後の投資には中古の木造住宅が人気になりそうです。「ソーシャルインパクト」のような投資を日本の不動産業界で見るなら、買手も付かないよう…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「中古住宅・空き家対策」に朗報1

投稿日:2016年07月28日 09:00

先日、NHKのテレビ放映から「ソーシャルインパクト」という初めて聞く言葉が流れてきました。解説者によると、「社会を変える投資」という意味で、慈善事業に近い価値を生み出す仕事のことだそうです。今までのよ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 我が家に適したリフォーム1-3

投稿日:2016年07月14日 09:00

新耐震住宅こそ危険な要素を含んでいます。業者の方に定期点検を依頼しても、保証期間の利害関係からどれだけ積極的に点検してくれるのか、はなはだ疑問です。住宅は一生に一度の大きな買い物です。築30年でゼロに…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 我が家に適したリフォーム1-2

投稿日:2016年07月08日 09:00

住宅不足の時代に売り出されていた住宅もすでに飽和状態を大幅に超えています。あなたの家が築30年を超えているのなら、一度ゆっくりと自分の目で「我が家の確認」を行ってください。 熊本大地震は新たな問題を提…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 我が家に適したリフォーム1-1

投稿日:2016年06月30日 09:00

中古住宅の評価方法が築年数から実質評価に変わることで「100年住宅」を目指して長寿命と資産価値付加の住宅制度が次々発表されています。これらの制度を理解することは我が家に必要なものと不要なもの、そして不…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅診断は建築士が審査3

投稿日:2016年06月10日 09:00

耐震診断の講習を受ければ国認定の診断士というのもナンセンスと思っていました。耐震補強が予想を下回っているのも、消費者の予算があるからです。匠大工は耐震性のアップに重点を置いて、各メーカーの耐震パネルや…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅診断は建築士が審査2

投稿日:2016年06月02日 09:00

とくに中古住宅の耐震補強を国の補助金制度で普及するに当たって一級建築士の診断が必要となりましたが、消費者の声は大工さんの方が床下にも潜ったり、天井裏も診断してくれて判りやすいというものでした。事実、木…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅診断は建築士が審査1

投稿日:2016年05月26日 09:00

これは宅地建物取引業法改正によって、中古住宅売買の際に建物状況調査(インスペクション)を購入者が希望した場合、国の講習を修了した建築士が行うことになります。すでに既存住宅売買瑕疵担保険では建築士が行っ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 熊本・大分地震2

投稿日:2016年05月10日 09:00

今回の熊本・大分地震の被害者(圧死)のご家族のお話の共通点は、一度外に出たが寒いので再び家に入って次の地震で1階が倒壊したのです。これは最初の地震で土台から釘が少し抜けた状態で柱は止まっていたと思いま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 熊本・大分地震1

投稿日:2016年04月27日 09:00

2016年4月14日に熊本県を中心に連続して発生した一連の地震は現在も続いています。熊本から活断層に沿って大分まで地震が発生して九州全体が揺れています。併せてエクアドル地震もテレビで放映されています。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「消費者応援の会」誕生3

投稿日:2016年04月16日 09:00

いずれにしても難しい業界になってきたので、消費者の業者選びも変ってきました。自分達には理解出来ない住宅は高額な買物ですから、相談に乗ってくれる建築・不動産OBに関心を寄せています。それに応えて8人の専…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「消費者応援の会」誕生2

投稿日:2016年04月12日 09:00

こうした制度を地場工務店、特に一人親方はどこまで理解しているのでしょう。一昨年の業界紙にエコポイントの活用率は圧倒的に大手企業が占めていました。近隣の消費者は真面目に取り組む姿を見て仕事を頼むのですか…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「消費者応援の会」誕生1

投稿日:2016年03月31日 09:00

4年前から住宅リフォーム教室で「日本の新しい住宅文化が始まる」と語ってきました。そして、2016年4月から「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」が始まります。建物の「省エネ性能」を第三者認証に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「買うなら中古住宅」が10年で3倍 3

投稿日:2016年03月08日 09:00

これらの実績から「中古木造住宅」の3要素をまとめると次のようになります。一つ目は地盤の安定は中古住宅の築年数が証明になります。二つ目は希望した地域内の物件は新築より低価格で購入できます。三つ目は木造住…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「買うなら中古住宅」が10年で3倍 2

投稿日:2016年03月04日 09:00

私が物件調査をする時は、不動産会社の方が立合っていますので「床下と天井裏と小屋裏を見せて欲しい」と頼みます。そしてありのままに劣化度を5段階に分けます。危険・とても危険の物件は薦めませんが、普通以上の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「買うなら中古住宅」が10年で3倍 1

投稿日:2016年02月24日 09:00

これは内閣府が2015年11月30日に発表した「住生活に関する世論調査」の結果です。私の教室でも10年前から中古住宅の優位性について語ってきました。これは前号に書きました「木の寿命は樹齢の3倍」という…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 中古戸建木造住宅の人気上昇 3

投稿日:2016年02月09日 09:00

雨期になると、床の下が鳴るのも床下の湿気を室内に入れない働きをしているのです。その特徴を知って用途に合った材木(国産材)を使用して適切に修理をすれば、一般住宅も180年持つのだと期待できます。 今年度…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 中古戸建木造住宅の人気上昇 2

投稿日:2016年02月05日 09:00

以来、私は住宅を地盤から基礎・床下・1階の耐力壁・天井裏・2階の耐力壁・天井裏・小屋裏・屋根・外壁の10箇所を重要箇所として、「中古住宅再生術」を語っています。2015年暮れの新聞コラムに、現存する世…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 中古戸建木造住宅の人気上昇 1

投稿日:2016年01月26日 09:00

「木の寿命は樹齢の3倍」という言葉を聞いてから約10年になります。東京木場の材木商で、テレビの「お宝拝見」に古材の鑑定人として出演した方が私達の教室で講師として、一般住宅の樹齢60年と法隆寺の樹齢50…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 三世代同居のリフォーム支援-1

投稿日:2015年12月23日 09:00

2016年度も国の住宅政策はリフォーム優遇税です。目玉は安倍内閣が掲げる「希望出生率1.8」実現を図るため、三世代同居へのリフォーム支援です。今、住宅購入を検討中の若い世代の方や、すでに結婚して子供が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」エールの会 4

投稿日:2015年12月17日 17:00

こうした住宅過剰時代の21世紀に入ってから15年間に次々と誕生した新しい名称(長期優良住宅・省エネ住宅・スマートハウス・低炭素住宅等)とその支援策の数数、又、中古住宅の支援策(長期優良化リフォーム住宅…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」エールの会 3

投稿日:2015年12月15日 17:00

しかし、「販売優先」「利益優先」が強すぎるとその弊害は現場で起ります。職人不足を承知の上で多くの仕事を受注するとミス工事が発生します。やり直しをすれば利益は減少します。すると更に受注を増やしますので、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」エールの会 2

投稿日:2015年12月11日 17:00

古い顧客の方々の家も国の支援を受けながら、上手にリフォームする賢い知恵を身に付けて頂きたいと思っております。新しいお客様は、初めてですと会に対する不安もあるでしょうが、一企業が行う会ではありませんので…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「国交省、建設下請け実態調査」弊害を是正 3

投稿日:2015年12月10日 17:00

約10年前に「耐震強度偽装問題」が起こりました。法が改正されて、多数の書類提出が工期を遅延させ、被害は消費者にまで及びました。その後もミス工事のトラブルは年々増加しています。現場に目線を置いた改革が必…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「国交省、建設下請け実態調査」弊害を是正 2

投稿日:2015年12月08日 17:00

私達現場人間の表現は知的な言葉ではありませんが、約40年前から建設業の下請構造を「親・子・孫・曾孫」と呼んできました。初めに予算ありきで「半値八掛」がまかり通っていました。下職になった職人に話を聞くと…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」エールの会 1

投稿日:2015年11月26日 09:00

この会は2007年から2012年の5年間にフリーの立場の建築OBが消費者代理人(イージェント・アドバイザー)として実務経験を基にして結成されたものです。今回、名称も新たにして8名の新しい方々に設立発起…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「国交省、建設下請け実態調査」弊害を是正 1

投稿日:2015年11月25日 17:00

新聞の朝刊に載ったこの見出しをみて私は喜びました。国交省は「建設業の下請け構造の実態解明に向けて調査する方針を固めた」というのです。「重層的な構造が問題の一因、管理責任者の不明確化や下請けへの負担のし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 偽装問題の原因と対策-3

投稿日:2015年11月10日 17:00

原因が判ったら「現場の大改革」に真正面から取り組んでもらいたいのです。今までは、コンクリート造も木造も構造材についての説明は避けることが出来ました。しかし、最近の偽装問題の多発によって消費者は納得しな…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 偽装問題の原因と対策-2

投稿日:2015年11月06日 17:00

日本の建設業界は2000年に入ってから、偽装問題と共に違法建築がマスコミを賑わすようになってきました。ビル・マンションに限らず戸建住宅にも多発していますので、この原因究明と対策を早く講じてほしいと思い…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 偽装問題の原因と対策-1

投稿日:2015年11月05日 17:00

2015年10月15日から始まったマスコミの報道は連日「横浜マンション傾斜」のデータ偽装問題です。又、有名電機メーカーや外国自動車メーカーの偽装問題もありました。「有名ブランド」と呼ばれるメーカーに起…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「偽装問題の原因と対策」

投稿日:2015年10月29日 09:00

2015年10月15日から始まったマスコミの報道は連日「横浜マンション傾斜」のデータ偽装問題です。又、有名電機メーカーや外国自動車メーカーの偽装問題もありました。「有名ブランド」と呼ばれるメーカーに起…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「構造材を見せる」大手不動産企業 2

投稿日:2015年10月23日 17:00

本誌の2013年4月号に、住まい「構造材オープン中古物件」と題して掲載させて頂きました。併せて2015年6月号も再読してください。不動産企業も工務店も自ら改革することによって市場の活性化が起こります。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「構造材を見せる」大手不動産企業 1

投稿日:2015年10月22日 17:00

大手不動産企業が住宅のイメージを立体画像にして、顧客に提案するサービスが始まります。建物など、コンピューターグラフィックスを使って立体的な映像で見せるというもので、戸建注文住宅の販売促進につなげる考え…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の植林からつくる「健康住宅」 2

投稿日:2015年10月20日 17:00

■心と体にキズのつかない家づくり 合板や硬くて冷たいフローリングの上にムクの桐床板を釘や接着剤を使わずにそのまま繋いで並べるだけでピタッと納まる桐の『エコロジーリフォーム』はいかがでしょうか。桐は断熱…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の植林からつくる「健康住宅」  1

投稿日:2015年10月16日 17:00

■健康な住まいをご提供するために 住宅一棟に使われる建築材や壁紙などに使われる接着剤は、なんとドラム缶1本も使われていることをご存じですか?その接着剤などの成分にアトピーや化学物質過敏症に影響を与える…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」 3

投稿日:2015年10月15日 17:00

発起人(理事)の構成数は、一級建築士:2名、工務店企業:2名、不動産企業:2名、社会経済学実務者:1名、マスコミフリーライター:1名、「消費者応援の会」ネット担当者:1名、「消費者応援の会」企画担当者…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」  2

投稿日:2015年10月13日 17:00

「建築OBの会」は2007年からスタートして2015年で満8年になります。この実績を基にして消費者の方々に安心して頂くために建築OBだけではなく、一級建築士事務所代表の方々と不動産企業代表の方々にも参…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」 1

投稿日:2015年10月09日 17:00

住宅は消費者にとって余りにも情報が多く、選びかたが難しい時代になってきました。新築では長期優良住宅、スマートハウス(HEMS)、低炭素住宅、これらの住宅を完成させるための瑕疵担保の義務化と省エネを2…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅総合相談「消費者応援の会」

投稿日:2015年09月30日 13:00

住宅は消費者にとって余りにも情報が多く、選びかたが難しい時代になってきました。新築では長期優良住宅、スマートハウス(HEMS)、低炭素住宅、これらの住宅を完成させるための瑕疵担保の義務化と省エネを20…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「構造材を見せる」大手不動産企業

投稿日:2015年09月29日 17:00

大手不動産企業が住宅のイメージを立体画像にして、顧客に提案するサービスが始まります。建物など、コンピューターグラフィックスを使って立体的な映像で見せるというもので、戸建注文住宅の販売促進につなげる考え…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「弁護士にも監督人」

投稿日:2015年08月25日 09:00

認知症や障害などで判断能力が十分でない人に弁護士が「成年後見人」に 選ばれた事例で不正が発覚したために、東京家裁が別の弁護士を「後見監督 人」にする制度を始めました。弁護士会からは反対論もあるようです…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「悪質業者」その2

投稿日:2015年07月30日 09:00

前回はテレビコマーシャルで有名な中堅リフォーム業者が、建材を海外で 生産しているという話をしました。係争中の裁判官が悩んでいるのは、同等 品で比較検討できる製品が国内にはないからだといいます。 しかし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「悪質業者の見分け方」

投稿日:2015年06月25日 09:00

「悪質業者の見分け方」は10数年前に週刊住宅新社から出版された私の本 のタイトルです。2000年頃から多発した高齢者を対象とした悪質業者の撲滅 運動(大手新聞社主催)に参加して以来、悪質業者の活動に私…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 不動産業界の改革に期待

投稿日:2015年05月26日 09:00

国は中古住宅の市場活性化に本格的に取り組む姿勢を見せています。今夏 には市場活性化策をまとめて、来年の通常国会に宅地建物取引業法改正案を 提出する予定です。 宅建業界にも今年度から宅地建物取引主任者が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「免震装置」の不適合と「耐震金物」

投稿日:2015年04月30日 09:00

マスメディアの報道によって明らかになって驚いたことは、ビル・マンシ ョンの重量を支える免震装置の認定が書類のみの提出で取得されていたこと です。又、欠陥製品であることを知りながら、業者の施工に合わせる…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「免震装置」不適合 特別寄稿

投稿日:2015年03月25日 09:00

2015年3月13日のテレビ放送で、ゴムメーカーの社長が「担当者が数値を 改ざんした可能性が高い」と記者会見で謝罪しました。翌3月14日のテレビ 放送では、免震性能が1/2以下から1/3以下の物件もあ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「耐震補強と地盤対策」その2

投稿日:2015年02月24日 09:00

今から約半世紀前、浦安地帯の大規模開発が政官民の有識者で推進され、 その分譲住宅が東日本大震災の被害を受けました。液状化によって道路は盛 り上り、傾斜した住宅の姿は約4年前のテレビ放映で多くの方々の目…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「耐震補強と地盤対策」

投稿日:2015年01月29日 09:00

阪神淡路大震災の犠牲者は住宅倒壊による圧死が大多数を占め、2015年1 月17日に20年を迎えました。国は耐震化率の統計を始めて、耐震性能を高め るために構造材の接合部には金物で補強することを明記して…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「2014年度の10大ニュース」

投稿日:2014年12月24日 09:00

建築・不動産業界の10大ニュースを私の観点から選んでみました。建築業 界では「今年もトラブル件数過去最悪」となりました。それは2013年10月か ら始まった「消費税増税前の駆け込み需要」です。業者は職…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「中古住宅に必要な職人と消費者の意識向上」

投稿日:2014年11月19日 09:00

2013年10月からの駆け込み需要の影響で新築住宅の販売戸数が落ち込んで います。これは売上優先の営業指導が招いた失敗です。東日本大震災の復興 事業と共に、全国的な雨水災害と土砂災害の復興対策によって…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 自治体の補助金制度

投稿日:2014年10月30日 09:00

全国の自治体1741の市区町村で補助金制度を導入している割り合いは、 2014年4月1日の時点で耐震診断:約83%、耐震改修:約77%でした。この数 字は各々の自治体が補助金制度を導入した場合、今年度…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅業界に女性の活用

投稿日:2014年09月26日 09:00

約30年前に水廻りメーカーが地域にショールームを設けて好評を得ました。 若い女性社員の対応が、今でいう「おもてなし」だったからです。そのショ ールームを利用した一部のリフォーム業者は業績を伸ばしました…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「災害時代をどう生きる」

投稿日:2014年08月28日 09:00

広島市安佐南区の土砂災害のニュースが2014年8月20日のテレビで放映さ れました。山林を切り開いた造成地は軟弱な花崗岩砂状地盤のようです。最 近は台風による土砂災害が日本に限らず世界中に起きています…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「鉄筋コンクリートの寿命」

投稿日:2014年07月29日 09:00

コンクリートは砂利と砂の骨材に接着の役目をするセメントや水で出来て います。これに強度を高める鉄の棒(鉄筋)を組み込んだものが鉄筋コンク リートと呼ばれ、道路を支える橋やトンネル、堤防といったインフラ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「3Dプリンター」2

投稿日:2014年06月25日 09:00

建築のプレゼンでは、3次元の建築物を2次元の図面やパースなどの完成 予想図で表現してきました。3次元のCGでは立体感を出したり、3Dのバ ーチャル空間ではあたかも建物の中を歩いているような体験ができる…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 3Dプリンター

投稿日:2014年05月26日 09:00

パソコンのプリンターは通常2次元(平面)の書類や画像を印刷しますが、 3Dプリンターでは3次元の立体物を印刷というより製造することができま す。3次元の元となるデータは専用のソフトで作成される場合もあ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「適切なリフォームの評価制度」

投稿日:2014年04月30日 09:00

国の政策である「中古住宅流通活性化」がいよいよスタートします。この政策は日本の住宅を長寿命化にして、資産価値を付加して、消費者の売却や 購入を容易にして活性化していくというものです。今までの築年数…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 日本の新しい住宅文化

投稿日:2014年03月26日 09:00

国土交通省が2014年1月1日現在の「公示地価」を発表しました。全国では 6年連続で前年より下落しましたが、3大都市圏では6年ぶりに上昇しまし た。人口問題では、団塊の世代が約40年前から都市部への就…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 大きな地震に備える「最新の耐震診断方法とリフォーム」

投稿日:2014年02月26日 17:00

◆大きな地震に備える「最新の耐震診断方法とリフォーム」参加費無料         株式会社ジョン石橋ビルダーズ 代表取締役 石橋直治氏 【地震対策万全の家づくりを目指して】 巨大地震は繰り返し起こりま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅の環境革命

投稿日:2014年02月26日 09:00

産業革命から環境革命へと叫ばれてから、かなりの歳月が過ぎ去っていま すが、最近になって本格的な環境革命が起こっています。身近かに感じるの は住宅の環境革命です。2009年10月から始まった「長期優良住…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 職人と欠陥工事

投稿日:2014年01月29日 09:00

昨年の消費税増税前の駆け込み需要の影響が起こっています。東日本大震 災の復興事業で職人不足が叫ばれている中、当然起こるべくして起こった問 題です。関連して工期の遅れからなんとか職人を獲得しようと労賃の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「長期優良リフォームと補助金」

投稿日:2013年12月25日 09:00

12月16日に国の経済動向が発表され、いずれの動向も上昇し、バブル崩壊 後21年振りに非生産業が上昇となりました。かつてない程の経済好況が発表 されましたが、次は低所得者層の収入アップを期待しています…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 長期優良住宅のポイント

投稿日:2013年11月27日 17:00

2013年の6月から始まった国産木材使用の消費者に30万ボイトの補助金制 度を利用した業者の実態情報が業界紙に報道されました。6月から9月まで の利用率発表は大手ハウスメーカーが約80%と圧倒的に多く…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 100年住宅達成のために

投稿日:2013年10月31日 17:00

国と有識者と行政と建築業界トップの方々に、現場で働く者として、少し でも理解をしていただきたいという思いで「現場の実態」「職人の意識」 「住宅の見えない箇所」の問題を提起してきました。 欠陥・違法の問…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まい「消費税と中古優良住宅」

投稿日:2013年09月25日 06:00

消費税率が上がる前に住宅を購入しよう。物件の引き渡しが来年4月1日以 降になりそうなので9月30日に契約しておこうなどと、どうして税率だけで 考える人がおおいのでしょうか?値上げ前に購入して損か得か判…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 中古住宅の評価見直し

投稿日:2013年09月05日 15:00

 戦後の経済高度成長期に大きな原動力となった新築指向の煽りで、中古住 宅は「不動産業界では10年でゼロ、建築業界では20年で完済」というセール ストークがまかり通っていました。消費者はローンの支払いが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 100年住宅の秘訣

投稿日:2013年07月25日 11:30

 昔から「縁の下の力持ち」といわれてきたのが床下で、家全体の荷重を支 えています。木造戸建住宅の2階建て延面積30坪の家の総重量は約30トンで、 阪神大震災で倒壊した多くの家は床下が湿気による腐朽や白…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マンション時限爆弾

投稿日:2013年06月27日 09:30

 最近のマスコミが面白い。週間東洋経済の「マンション時限爆弾・老朽化 にどう対応する」は本音で書かれていて面白かった。反面、5年前から期待 をしていた某ビジネス雑誌は不動産広告誌となってしまったので非…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 自分の家は自分で守る

投稿日:2013年05月29日 15:00

 人生で一番高額な買い物である住宅の取引で、買い手である消費者は知識 がゼロに近いことをご存知ですか?建築OBとして消費者側の仕事をしてい ますと、取引上不都合な点が数多く見られます。それは一方的に説…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「作ろう我が家の診断書」我が家は自分で守る時代!

投稿日:2013年04月26日 09:00

住み慣れた我が家をリフォームしたいけど、どこから手を付けたら良いの  かしら?飛び込み業者にリフォームを勧められたけど、本当に我が家は傷  んでいるのだろうか?築10年の保証期間が終わるので悪い所…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まいの講座「マイホームメンテナンス講座」

投稿日:2013年04月25日 09:00

 脱デフレを目指す安倍政権は「中古住宅再生」に大きな追い風になると思 います。旧政権下でも「日本再生戦略」の一環として中古住宅市場を倍の20 兆円規模にする政策が揚げられましたが、新政権は一層これを促…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 耐震診断義務化

投稿日:2013年04月24日 15:30

 「耐震改修促進法」が改正され、旧耐震基準の建築物に対して、耐震診断 と改修が義務化されます。耐震改修促進法は、阪神・淡路大震災を契機に、 耐震改修を促進し、建築物の地震に対する安全性の向上を図ること…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 知識、経験を活かす「建築OB有志の会」

投稿日:2013年04月24日 15:30

 先日の業界誌に発表された2011年度の建築トラブル件数は13000件を超え ていました。これは氷山の一角で泣き寝入りのトラブル件数も加えると相当 な数になると思われ、約10年前に悪徳業者が横行した頃…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 構造材オープン中古物件

投稿日:2013年04月12日 09:00

 建築・不動産業界の市場には、築30年前後の家が約1000万戸あります。し かし、建築・不動産会社は中古住宅の仕入れから販売方法に本格的な体制を 確立しているでしょうか。販売担当者は今まで見えない箇所…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 法規より職人の育成

投稿日:2013年03月19日 09:00

 2006年に日本の国は、欧米を超える200年住宅を提唱しました。そして3 年前から一部の業者が100年住宅の長期優良住宅としてスタートさせました。 しかし、200年住宅も100年住宅も可能にするのは…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐のエコロジーリフォーム」壁・天井

投稿日:2013年03月15日 09:00

 8畳の腰壁だと、高さ90cm総長さ3.6mで坪単価7.5万円の4面で30万円、 壁の高さ2.3m幅3.6mが4面の8畳の壁で約56万円です。天井は8畳で30万 円、総桐の8畳の部屋を造るならば、10…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐のエコロジーリフォーム」床

投稿日:2013年02月22日 09:00

 桐の乾燥技術が近年大幅に進歩し、桐の細胞内の水分もお風呂のお湯に近 い40度の低温乾燥技術で抜くことができるようになりました。この結果、合 板や硬くて冷たいフローリングの上にムクの桐床板を釘や接着剤…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「アレルギーと住環境」1

投稿日:2013年02月21日 09:00

 住宅を建てる時に自然の材料を使って、人体に悪影響の無い健康住宅を造 りたい、買いたいというのは誰もが願うテーマです。その中でまだ気づかれ ていない大切な問題が、その素材の生い立ちです。ムクの木材が良…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 進化するコンクリート

投稿日:2012年09月11日 09:00

 コンクリートの原材料は、主にセメントと砂利、砂と水から造られます。 混ぜ合わせると化学反応が起きて、セメントに含まれるケイ素やカルシウム が水を取り囲むような構造になり強度が出ます。コンクリートを柱…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の植林活動「節電効果の高い桐住宅内装材」

投稿日:2012年08月03日 09:00

 「今」、日本の伝統を作ってきた桐の木が日本から消滅しようとしていま す。豊臣家、天皇家の家紋は過去の植物のデザインと化してしまうのでしょ うか?内閣府NPO『桐、ささやかな植樹祭』は日本の桐、世界の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 多機能塗料キルコート

投稿日:2012年06月05日 09:00

 従来の一般塗料は樹脂を塗料化したものが多く、単機能で住宅の美観確保 と防水を目的にしたものがほとんどでした。断熱塗料と呼ばれる塗料も従来 から80数社が製造販売していますが、太陽光を反射させて熱を内…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住まいの省エネ化

投稿日:2012年05月31日 09:00

 東日本大震災をきっかけに住まいの安全性や耐震性だけでなく、計画停電 や節電の呼びかけなど省エネ性の関心が高まっています。省エネ性の高い家 で暮らすことは、冷暖房効果が良くなるため光熱費を抑えることが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅の化学物質

投稿日:2012年04月19日 09:00

 シックハウス症候群の人は、70種類にものぼるとされる化学物質の影響で、 家にいると目が痛くなったり、気分が悪くなったりして体に異変を引き起こ します。厚生労働省はシックハウス症候群の対策として、家を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の住まい

投稿日:2011年11月25日 14:03

 桐って漢字読めますか?桐の意味知ってますか?次の広辞苑には「きり」 :「電気代が節約できる住宅素材の意」と記されることでしょう。先日、都 内のエコな催しで桐の製品や植林の案内を行っていたところ、桐っ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 光熱費ゼロ住宅

投稿日:2011年01月17日 09:00

 太陽光発電などの創エネに加え、省エネ性能の向上で光熱費を削り、「光 熱費ゼロ」を目指す住宅が登場しています。CO2の排出抑制で環境面の貢 献が大きいだけでなく、電力の供給バランスを最適化するスマート…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 高齢者専用賃貸住宅

投稿日:2010年12月15日 09:00

 24時間、緊急時に看護婦らが駆けつけてくれる生活支援サービスなどを備 えた高齢者向け賃貸住宅が増えています。診療所や訪問介護事業所などが併 設されていて、介護保険に入れない人の受け皿になりつつありま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 地中熱空調

投稿日:2010年11月15日 09:00

 オフィスビルや商業施設の空調システムに冬は外気より暖かく、夏は冷た い地中熱を利用すると、冷暖房に使う電力が減り、CO2の排出量を3?5割 削減できそうです。鋼管製の杭を地下数10?から100?程度…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 トランクルーム

投稿日:2010年10月18日 09:00

 大型のトランクルームは全国に約100ヶ所あり、利用者は法人が中心で個 人客は減少しています。一方、都心ではビルの中をロッカールームのように 区画した小さなトランクルームが増えています。利用者自らが足…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 キッチンが家の中心

投稿日:2010年09月08日 09:00

 最近の住宅では、キッチンの存在感が増えています。かつては家の片隅に 設けられた別室で、壁を向いて作業する場所でしたが、今では家の中心部分 へ進出しています。40?50年前まで、台所は食事をする茶の間…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅エコポイント制度

投稿日:2010年08月23日 09:00

 エコ住宅を新築した場合に1戸あたり一律30万ポイント、住宅をエコリフ ォームした場合に最大合計30万ポイントまで発行されるのがエコポイントで す。1ポイント1円として換算され、様々な商品と交換できま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 多彩なゴミ袋

投稿日:2010年06月14日 09:00

 桜の花びらや魚、クマ、ネコ、ウサギなどカラフルなデザインのゴミ袋が 人気を集めています。ゴミを捨てる人の心を明るくするのと同時にゴミ問題 への関心を高める狙いもあります。  ゴミはプライバシーの固ま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 家庭用エアコン

投稿日:2010年05月21日 09:00

 これから暑くなる時期に最も需要のあるルームエアコンの販売が好調です。 近年は省エネ性能を高めると共にウィルスや菌、花粉などの抑制機能を強化 した製品が主流でエアコン暖房の利用も広がり、冬でも購入者が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 タンクレストイレ

投稿日:2010年03月19日 09:00

 便器の後方に洗浄水を溜めることができるタンクレストイレが普及してい ます。通常のタンクがありませんから、トイレがすっきりして室内を広く使 えます。地球環境への配慮をPRして節水能力を高め、手入れのし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗菌・除菌

投稿日:2010年01月12日 09:00

 新型インフルエンザの流行もあって、抗菌、除菌、殺菌といった表示が街 のあちこちにに広がっています。暮らしの中の「清潔感度」が一段と鋭敏に なっています。  抗菌グッズが最初に登場したのは1970年代…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 家電の省エネ進化

投稿日:2009年12月16日 09:00

 冷蔵庫やエアコン、テレビといった政府のエコポイント制度の対象商品は 省エネの優等生といわれていて、消費電力は10年前と比べて半分近くに減り、 冷却能力などの機能も向上しています。  冷蔵庫やエアコン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 増える空き家

投稿日:2009年11月16日 09:00

 人が住まない「空き家」が全国で増えています。総務省が2008年に実施し た調査によると、住宅の全国総数5759万戸の内、空き家は756万戸と5年前 に比較して14.6%も増加しています。住宅総数に占…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「住まいの防犯対策」?

投稿日:2009年10月21日 09:00

 今回は建物本体についてです。不在確認をどのようにするか。泥棒アンケ ートでは、1番目に「インターホーンを鳴らして確認する」、2番目に「人 の動きがないか様子を見る」、その他に「石を投げる」、「電話を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「住まいの防犯対策」?

投稿日:2009年09月15日 09:00

 泥棒アンケートによる「犯行に入ろうと思う家」はどんな家かという質問 に、1番目は「クレセント(引き違いのアルミサッシの窓や掃き出しの中央 についている鍵)を開ければ入り易い」、2番目は「人目に付きに…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「住まいの防犯対策」?

投稿日:2009年07月29日 09:00

 市街地は人が多くて人目につきやすいと思われがちですが、アパートに住 んでいても案外隣の人がどんな人か知らないなんてことがあります。実は私 も仕事で大阪に住んでいたとき、2年間で隣の人と会ったのはわず…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 独身高齢者の住居

投稿日:2009年07月21日 09:00

 高齢者を中心に一人暮らしの世帯が増えています。高齢になったとき、ど こに住むかは高齢者の一人暮らしにとって大きな問題になります。介護が必 要になっても、そこに住み続けることができるのか、費用はどうか…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「住まいの防犯対策」?

投稿日:2009年07月10日 09:00

 刑法犯の認知件数は平成14年をピークに年々減少しています。2009年も昨 年同期に対して全国では少しですが、減少しています。因みに、私の住んで いる静岡県は増加傾向にあります。犯罪は平成に入り、年々…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 引き戸の活用

投稿日:2009年06月17日 09:00

 引き戸は主に日本の和風家屋の玄関や間仕切りに使われてきました。戦後 は生活様式の西洋化に伴って利用頻度が少なくなる一方でしたが、ここへき て復活の兆しを見せています。洋室に合うデザインの引き戸が増え…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 防犯に効果的な色

投稿日:2009年05月18日 09:00

 色彩は人間の心理に影響を与える力を持っています。例えば、赤色はエネ ルギーやバイタリティーを意味する色で、人間の神経を刺激し興奮させる効 果があります。これとは逆に青色は気持ちを静める効果があります…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 不燃木材の普及を目指して

投稿日:2009年05月15日 09:00

 建築基準法、消防法などの規制により、木材の使用については制限があり、 国土交通省に認可された「不燃材料」が使用されます。  国土交通省が不燃性能に関して政令で定める技術的水準に適合する建築材 料には…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マンション業者が破綻したら

投稿日:2009年04月15日 09:00

 金融危機の影響や消費の低迷から建設、不動産関連会社の経営破綻が相次 いでいます。新築マンションの契約では、消費者は価格の5?10%を手付金 として納め、物件の引き渡しの際に残金を支払います。しかし、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 黄金比と白銀比

投稿日:2009年01月19日 09:00

 黄金比とは、デザイン的にもっとも美しいとされる比率のことで、 1:1.618ぐらいです。自然数にすると約5:8の割合になります。古代ギ リシャ時代から建築物や美術などに活用されてきました。例えば、長…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 太陽光発電

投稿日:2008年12月19日 09:00

 地球温暖化防止のCO2削減や原油高を背景に太陽光発電に注目が集まって います。太陽光発電システムの特徴は、昼間は発電した電力のうち使わない 分を電力会社に売却できることです。電力会社から購入する電力…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 地震保険

投稿日:2008年11月17日 09:00

 中国の四川省に続いて日本の東北地方でも大きな地震が発生しました。地 震による自宅の倒壊や火災が起きた場合、火災保険に入っていてもなかなか 大きな補償が受けられません。普通の火災保険では、地震で自宅が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 屋上の緑化

投稿日:2008年10月06日 09:00

 最近、都市部の個人住宅で屋上緑地を取り入れる事例が増えています。庭 や路面への打ち水と同じ効果があり、土壌や植物が水分を徐々に蒸発するこ とで熱を下げてくれることや、都会でありながら緑のある空間を持…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 グループホーム

投稿日:2008年09月22日 09:00

 グループホームは、病気や障害などで生活に支障のある人が、少人数で1 つのグループになって一般住宅のような施設で援助を受けながら社会生活を 送る施設です。一般的には、認知症高齢者を対象とした施設を指す…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 家庭の省エネ

投稿日:2008年08月08日 09:34

 日本は省エネルギーの先進国といわれていますが、家庭におけるCO2排出削減は遅れていて、1990年度に比べて2006年度は30.4%増加しています。  オイルショック後の1973年度の家庭用エネルギー…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 コンセントの設置

投稿日:2008年06月23日 09:30

 テレビやオーディオだけでなくパソコンやゲーム機、マッサージチェアや携帯電話の充電器など家電製品が増えています。どこにどれくらいの数のコンセントがあれば快適に使えるのでしょうか。  どのくらいコンセン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 200年住宅構想

投稿日:2008年04月21日 09:37

 昨年10月に福田首相が「200年住宅」の普及に取り組むとの所信表明演説を受けて、政府も実現に向けて具体的に動き出しました。  200という数字には特別な意味があるわけではないようですが、「超寿命の住…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 家庭用燃料電池

投稿日:2008年04月18日 09:41

 家庭のエネルギー革命といわれる家庭用燃料電池の実用化が現実味をおびてきました。火力発電所のエネルギー効率は約40%ですが燃料電池は約80%と効率の高いのが特徴です。水素と酸素の化学反応で発電し、排熱…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 敷金・礼金ゼロ

投稿日:2008年03月19日 09:31

 最近、敷金・礼金ゼロで借りられる部屋が都心部を中心に増えています。敷金とは、賃貸借契約を結ぶときに賃料など賃貸借の債務を担保するために預ける金員を指します。賃料の滞納や、部屋の破損など万一の備えとし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅ローンの返済

投稿日:2008年02月18日 09:40

 せっかくのマイホームを手に入れても、多くの場合住宅ローンの返済はかかせません。しかし、転職や給与カットなどで返済が行き詰ることもあります。そうなった場合は無理な資金繰りを続けるよりも、早めに金融機関…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の活用

投稿日:2007年12月28日 09:31

 日本全国高気密高断熱の家が立ち並び、強制換気とセントラルヒーティングの家を買い、これで安心して暮らせるとホッとした人が2007年までに何万人といたことでしょう。ところが原油高騰による光熱費の圧迫は地…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 高気密高断熱工法

投稿日:2007年12月20日 09:30

 外張り断熱工法が標準装備というCMをよく見かけるように、現在の住宅は高気密高断熱住宅が圧倒的に多くなりました。  吉田兼好の「徒然草」では、「住まいは夏を旨とすべし」という一節があります。昔は着衣な…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅瑕疵担保法

投稿日:2007年08月22日 09:32

 2007年5月24日に「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が国会を通過し成立しました。この法律は、新築住宅の請負契約人である建設業者又は売買契約の売主である宅地建物取引業者に、欠陥住宅…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 進化する便器

投稿日:2007年07月23日 09:30

 便器は和式から洋式へ、そしてウォシュレットに代表される洗浄機能付きへと、ここ数十年で大きく変化してきました。新築やリフォームの際にシステムキッチンやユニットバスはショールームを廻ったりカタログを集め…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 エイジング

投稿日:2007年06月25日 09:30

 新しいものにキズや塗装を施して、年月が経たように見せる手法のことを「エイジング」といいます。主には舞台美術や商業施設で使われてきましたが、この手法が最近、住宅にも取り入れられてきました。家具や床材に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ペット対応の住まい

投稿日:2007年05月21日 09:32

 近年、少子高齢化が進んでいますがそれに伴って犬・猫などのペットを生活のパートナーとして屋内で飼うケースが増えています。ペットフード業界の調査では2005年度で、ペットとして飼育されている犬猫の数が2…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ロフトの活用

投稿日:2007年03月19日 09:31

 「ロフト」とは、もともと納屋や馬小屋などで干し草を蓄える2階に相当するスペースを意味するものですが、現在、日本の住宅等では屋根裏のスペースのことを主に指します。スペースの有効利用という観点から現在は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 自然素材の家

投稿日:2007年02月19日 09:30

 最近、家造りに関して自然素材で家を創るとか、エコ住宅あるいは化学物質無添加の家などといった言葉をよく見たり聞いたりするようになりました。では、自然素材の家の定義はというとこれが基準が決まっているわけ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅購入計画と税制

投稿日:2007年02月16日 09:45

 全国宅地建物取引業連合会がまとめた住宅購入計画と税制に関するアンケートで「消費税が増税されると住宅購入に影響が出る」という意見が浮かび上がりました。アンケートは20歳以上の男女4,282人を対象に行…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 建築物の総合環境評価

投稿日:2007年01月30日 09:28

 自動車や家電などを購入する際にはデザインや価格、大きさの比較だけでなく、燃費の良さや消費電力の少なさといった環境性能も重要な検討項目になっていますが、住宅を購入あるいは建設するときの環境性能について…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 建築条件付き宅地

投稿日:2006年12月20日 09:33

 一戸建てを建てたいが、建売住宅では立地条件も含め、自分の好みの家がなかなか見つからないし、かといって土地だけを購入して好みの家を建てる場合、なかなか良い不動産が見つからない場合があります。最近、建築…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅性能保証制度と住宅性能表示制度

投稿日:2006年09月20日 09:55

 住宅性能保証制度とは住宅の建主や購入者の保護と住宅建設業者や販売業者の健全な育成を目的に(財)住宅保証機構が運営する任意の保証制度です。この制度は住宅に欠陥があった場合、補修工事の実施を確実にするた…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 超高強度コンクリート

投稿日:2006年08月01日 15:23

 ここ、近年マンションの分譲が好調です。都心部では、高層マンションも多く建設されていて、50階クラスの超高層マンションも誕生しています。それにともない、柱や梁に使われるコンクリートも高強度化してきまし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 中古住宅流通の活性化

投稿日:2006年06月01日 14:26

 私の7冊目の本が出来上りました。  昨年のリフォーム詐欺事件、アスベスト問題、構造計算偽造事件などの問題解決のため、原稿依頼を週刊住宅新聞社から請けまして執筆したものです。 私は30余年の現場体験か…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 高齢者向け住宅

投稿日:2006年05月31日 13:04

 今は元気だが将来弱ってきたらどうしよう。子供がいなかったり、いても頼れないと不安を抱いている高齢者も多いと思います。そんな高齢者向けの住まいが徐々に充実してきました。従来の病院や施設とはひと味違って…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅専用CADシステム

投稿日:2006年05月16日 03:00

現在、住宅建築市場において、最も安定した需要が見込まれる、増改築・リフォーム工事に関して、この業界向けに特化した、CAD・CG及び各種業務用パッケージソフトを供給している、ザ・システム(以下当社)の取…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 壁紙の張替え

投稿日:2006年02月15日 14:11

  部屋の模様替えは、家具の配置換えやカーテンの交換以外に内壁の塗り替えがあります。壁紙のはがれや汚れ、部分的な損傷など、塗装ではどうもという人には思い切って張り替える方法があります。   DIYなど…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 耐震強度偽装問題

投稿日:2006年01月15日 14:18

 姉歯・元一級建築士や木村建設、平成設計が関与した耐震設計偽造問題が販売会社や経営コンサルタント、確認申請を請け負う民間検査機関、国や自治体をも巻き込んで社会問題化しています。建設業界にあってもコスト…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 悪質リフォーム見かね「無料相談」

投稿日:2005年09月16日 10:23

 各地で悪質な訪問リフォームが発覚しているのを受け、消費者向けに住宅リフォームの相談・教室を開く民間団体「住宅リフォーム学院」(山川義光代表、事務局・千葉県柏市)が、リフォームの価格などに関する無料相…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 住宅リフォームの幕明け

投稿日:2005年09月16日 10:09

新しい住宅リフォームの幕明けが始まります。それは国土交通省が中古住宅に関する融資制度と減税対策を発表したからです。「中古住宅の築年数による制限の廃止」です。いわゆる築100年の中古住宅でも、建築士の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 悪徳リフォーム

投稿日:2005年09月15日 14:21

 ここ数ヶ月悪徳リフォーム業者による被害が新聞やテレビなどのマスメディアをにぎわしました。被害に遭われた方のほとんどが、高齢の認知症者やひとり暮らしの老人など弱者の方でした。ニュースで報道されたのはほ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 アウトレット建材

投稿日:2005年08月16日 10:28

 アウトレットの店といえば衣料品やバッグを思い浮かべますが、最近は玄関扉や窓、システムキッチン、浴槽、トイレなど住宅設備の店舗が増えてきました。リフォームを安く上げようと活用する人も増えています。  …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 世界最大の振動実験施

投稿日:2005年04月16日 10:42

 今年1月に世界最大級の振動破壊実験施設「E?ディフェンス」が兵庫県三木市の独立行政法人、防災科学研究所・兵庫耐震工学研究センターに誕生しました。阪神大震災級の大地震を人工的に起こすことができる世界最…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 維持・光熱費節約住宅

投稿日:2005年03月16日 10:52

 戸建て住宅で太陽光を活用して住み心地を向上させる取り組みやメンテナンス費用、光熱費など維持管理費用の低減に焦点を当てた住宅、製品が増えてきました。光触媒の技術を応用した汚れにくい壁のタイルや窓ガラス…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 内壁のペイント

投稿日:2005年01月15日 14:19

 環境や安全に配慮した米国や英国製など海外の水性塗料が出回り、色が豊富なこともあって、自宅の内壁を自分でペイントしてインテリアの模様替えをする人が増えています。自然塗料やVOC(揮発性有機化合物含有量…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 免震住宅

投稿日:2004年11月16日 11:12

 地震の被害を押さえる建築技術には、耐震、制震・免震の3種類があります。  建物をある一定の揺れに耐えられるように強固な構造にするのが、耐震です。それに対して建物そのものの揺れを抑えて内部の家具や設備…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 環境共生住宅

投稿日:2004年11月16日 11:11

 環境共生住宅とは、一言でいえば地球環境に優しい住宅ということになります。具体的にはエネルギーの無駄遣いをしない省エネ住宅で、周辺の環境とも調和し、健康で快適に生活できるように配慮された住宅をいいます…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 風水住宅

投稿日:2004年11月16日 11:04

 引きこもり・切れる子供・家庭内暴力・離婚問題・幼児虐待・・・ 家庭という一番安らぎを得られる場所で、さまざまな問題が起きています。ここ数年、何故このような問題が多くなってしまったのでしょうか?いろい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マンションの建て替え

投稿日:2004年10月16日 11:18

 最初は立派だったマンションも30?40年以上たつとさすがに老朽化が進み、リニューアルでは対応できずに建て替えについて考えざるを得ない状況になってきます。2002年に「マンション建て替え円滑化法」が施…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ミラクル構法

投稿日:2004年10月16日 11:16

 既存建物を使用したまま増改築が行える特許構法。既存建物を解体せずに有効活用し、省資源化・コスト縮減・利便性追求を目指す構法です。  構法の基本は、既存建物の基礎以外に新たに基礎を設け、既存建物をその…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 DENのある家

投稿日:2004年09月16日 11:21

 近ごろ、自分だけの「DEN」(デン、隠れ家)を構える男性が増えているそうです。模型やパソコンなど書斎とまではいかないが、ちょっとした空きスペースを趣味の部屋に仕立てることが広がっています。  デンは…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 簡単に修繕

投稿日:2004年06月16日 11:26

 日ごろ気になっていても、ついそのままになってしまうのが、住まいの傷や汚れではないでしょうか。物を動かしたり、掃除の時についうっかりつけてしまった傷や汚れを自分で修繕できる何かいい方法はないのでしょう…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 くつろぎの空間

投稿日:2004年03月16日 11:31

 ご自宅のトイレはやすらぎの空間でしょうか。毎日必ず行く場所だからこそ気持ちよく過ごしたいものです。たとえば照明や扉に工夫を凝らしたり、壁紙を替えたり空きスペースに小物を置いたり、絵を飾ったりするとも…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 防音対策

投稿日:2004年01月16日 11:36

 ペットの鳴き声やピアノの音、エアコンの室外機や洗濯機、掃除機の作動音やテレビの音など、暮らしの中には様々な音があります。防音には壁や床の工事が必要だと考えられがちですが、一般の人でも工夫できる対策が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所