健康について:ライフスタイル総合研究所

ライフスタイル総合研究所



ライフスタイル総合研究所TOP

 健康について

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 健康と冷え「温活サポート」1-2

投稿日:2017年12月08日 09:00

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん細胞が熱に弱いという性質を利用して、腫瘍を縮小させようとするものです。人間の細胞は42.5℃以下なら死滅することはありませんが、それ以上になると死滅が加速していき…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐炭「注目浴びる炭の健康パワー」2-2

投稿日:2017年12月07日 09:00

腎臓は血液を浄化して毒素や老廃物を体外に排泄する大切な役割を担っていますが、腎不全はそんな腎臓がうまく働かなくなってしまう病気で、なかでも慢性腎不全は有効な治療薬がない難病として知られています。腎不全…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と冷え「温活サポート」1-1

投稿日:2017年11月30日 09:00

女性の8割以上、国民全体でも約7割が冷えを抱えていると言われる中、温活ブームが到来しています。女性層を中心とする温活実践者の増加を受け、温活サポート商材の市場規模は推計2,000億円超と一大市場を形成…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐炭「注目浴びる炭の健康パワー」2-1

投稿日:2017年11月29日 09:00

■さまざまな毒物治療に効果を発揮 強力な吸着作用を持つ炭はわたしたちの健康を助ける医薬品としても使われています。医薬品として使われる炭の代表が「薬用炭」と呼ばれる活性炭です。薬用炭は消化不良や便秘など…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 注目浴びる炭の健康パワー3

投稿日:2017年11月14日 09:00

人間の体内には健康を損なうさまざまな有害物質が入り込んでいますが、炭はこうした有害物質を強力な吸着作用で内部に吸い込み、便と共に体外に排出させることでわたしたちの健康を守ってくれるのです。 ★ほかほか…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 注目浴びる炭の健康パワー2

投稿日:2017年11月02日 09:00

■多孔質による強力な吸着作用 炭は物質を吸着する吸着作用を持っています。炭の原料である草木類の内部には根から幹や枝葉に水分や栄養を送るための道管という管が無数に走っていて、いわば植物の血管ともいえます…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 注目浴びる炭の健康パワー1

投稿日:2017年10月26日 09:00

日本古来から使われている「炭」は調理用や暖房用の燃料として、日本人の生活に欠かせないものとして親しまれてきました。しかし、その炭がわたしたちの健康を助ける様々な作用を持ち、医薬品としても使われているこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「健康の足し算、引き算」3

投稿日:2017年10月14日 09:00

その引き算健康管理に欠かせないのが、最近注目されている食用の桐炭パウダー「桐炭生活」なんです。食用の桐炭パウダー「桐炭生活」は体のそうじ屋さんとも呼ばれ、桐炭生活1gで油6.52gを吸着して体の中をデ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「健康の足し算、引き算」2

投稿日:2017年10月06日 09:00

過剰な足し算で溜まった不要物は、やがて体調不良を引き起こす原因になることがあります。つまり、ある日突然に入院生活を余儀なくされた・・・なんてこともあるのです。そんな中、主流となりつつあるのが引き算の考…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「健康の足し算、引き算」1

投稿日:2017年09月28日 09:00

健康の足し算、引き算という考え方をご存知でしょうか?栄養やサプリメントなどをどんどん足していく(取りこむ)のが足し算で、反対に不要なものを引いていく(排出する)のが引き算です。近年の健康の考え方はとに…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-6

投稿日:2017年09月18日 09:00

念のために、ほかの木を実験に使ってみたのですが、桐材に勝るものはありません。桐が放射するマイナスイオンが酸性の血液を中和させ、しかも自律神経を安定させるとしたら、桐寝具は私たちが寝ているときに、身体も…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-5

投稿日:2017年09月17日 09:00

イオン測定器を買い込んで、工場の片隅で実験を始めました。ところが、素人の悲しさです。桐材を測定器にかけても、ゲージは沈黙したまま、何の反応も起こさないのです。桐の電位があまりにも低いために、イオン測定…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-4

投稿日:2017年09月15日 09:00

そして、人間の健康にとって「マイナスイオンが必要」と何かの本で読んだことがあります。「肉や穀物は酸性食品なので、緑黄色野菜のカルシウムなどを採って、血液を酸性に偏らせないようにする」とはよく言われるこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-3

投稿日:2017年09月12日 09:00

桐の神秘的な性質を考えるときに、どうしても私の頭から離れない一つの実験データがあります。それは半田外科病院で行われた臨床実験での、信じられないような床ズレの治癒率です。ここには防湿、保温効果以外に桐が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-2

投稿日:2017年09月05日 09:00

驚きは単にこれだけではありません。人体の皮膚表面に近い温度、摂氏35度の状態のときに放射する遠赤外線の波長は9.4ミクロンなのですが、まるでそれと符丁を合わせるように、桐も同じ9.4ミクロンという事実…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とマイナスイオン「桐の超能力」3-1

投稿日:2017年08月29日 09:00

セラミックとナラが310ワット、ヒノキ260ワットと比べますと、桐が並みはずれて遠赤外線を放出していることがわかります。北九州工業試験場ではこのほかに、桐、セラミック・ポリエステル、ポリエステルの三種…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」4-3

投稿日:2017年08月08日 09:00

桐植林の問題点として、山間部の適所に杉が植林されていて放置されています。杉の黒字伐採が課題となります。 解決策として、杉と竹ひごで作る12×910×1820mm合わせ板の普及にご協力ください。特徴は接…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」4-2

投稿日:2017年07月31日 09:00

桐の特徴は湿度調整、断熱保温、遠赤外線輻射、北関東までならば、ほとんど床暖房が不要です。マイナスイオン放射、個人差はありますが、室内でリラックスできます。クッション性は愛ちゃんの卓球のラケットの中にも…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」4-1

投稿日:2017年07月25日 09:00

桐の生命線は「アク抜き」です。現在日本で流通する桐の輸入品割合は98%(輸入桐の90%、桐建材の90%はアク抜き無し漂白、辺材込)中国桐メーカーには昭和40年代に日本が指導したので、立派なアク抜き施設…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-5

投稿日:2017年07月17日 09:00

下地に限らず、内装用としての利用も始まっています。美しい日本を再生するためには、それに必要な木製品を消費者が購入してくれて初めて実現します。内装に国産、外国産を問わず健康に良いアク抜きした桐を使ってい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-4

投稿日:2017年07月16日 09:00

そこで、厚み12mmの杉天乾材を並べて溝を機械で自動的に掘り、そこに竹ひごを打ち込んで無接着剤で12×910×1820mmの杉の合わせ板(合板)を作ることに成功しました。間伐材の杉を黒字で販売出来るの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-3

投稿日:2017年07月14日 09:00

そのためには、消費者の方々に正しい桐の知識を持っていただき、庭先でも結構です『日本』を蘇らせるために桐の苗木を一本でも植えて頂きたいのです。杉やヒノキの用途に比べ、桐は箪笥、家具、箱、建材防火扉の心材…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と遠赤外線「桐の超能力」2-3

投稿日:2017年07月13日 09:00

松山氏は「ウチの試験場には、遠赤外線の測定器具がないので、福岡県の北九州 市にある県の試験場を紹介してあげましょう」とおっしゃってくれ、私たちはさっそく松山氏の紹介状と桐敷ぶとんを持って、「北九州工業…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-2

投稿日:2017年07月06日 09:00

40フィートコンテナでたった150本分です。日本で唯一残された秋田の桐丸太市場もこのままではあと10年以内に確実に閉鎖です。国産の桐は植林をしない限り、もうこれしかないのです。桐の製造も販売も、国産材…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と遠赤外線「桐の超能力」2-2

投稿日:2017年07月04日 09:00

科学辞典によりますと、紫外線や赤外線と言う熱線は、熱の伝わり方が、「伝導」とか「対流」といったものではなく、「輻射」ですので、加熱する物の組織を破壊せずに温められるという利点があるそうです。昔から産業…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と桐の特性「桐の木と日本」3-1

投稿日:2017年06月28日 09:00

ライフスタイル総合研究所が推奨される桐製品は全てアク抜きを中国で行った素材だけで作られています。中国の桐は質が悪いと言われますが、私が桐のセミナーで用意した桐の製品を日本製と中国製に正確に選別できた人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と遠赤外線「桐の超能力」2-1

投稿日:2017年06月27日 09:00

もし仮りに遠赤外線の中に、抗菌、防臭、防湿さらに血液の循環や疲労回復などの機能が含まれているとするなら、「桐には、どれだけの遠赤外線の放射能力があるのだろうか」と考えるのは、桐寝具の開発に当たった当事…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐の木と日本」2-3

投稿日:2017年06月16日 09:00

しかし、日本でいくらいい刃物を用意しても、アク抜きのできていない桐はバサバサになりやすく、光沢も出ないのです。製品にしても変色し、カビだらけになり強度も大幅に落ちます。床、壁、建具等の建材製品において…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐の木と日本」2-2

投稿日:2017年06月08日 09:00

中国の零細桐素材生産工場200社が倒産、夜逃げを強いられた時代でした。桐の木の輸入は明治5年に中国から輸入が始まり、現在に至っては国内流通の98%が中国、アメリカ、ブラジル、ベトナムなどの外材です。こ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐の木と日本」2-1

投稿日:2017年05月30日 09:00

その結果、『あくまでも桐はアク抜きをしなければ製品ではない、桐箪笥の胴は13mmの薄材では作れない、21mmだ』と桐の正統性を主張した会社は見積競争から脱落し、安く仕上げるためにアク抜きをせず漂白で済…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の木と日本5

投稿日:2017年05月19日 09:00

ところが、照明との兼ね合いで、杢目はやや粗い方がカメラ映りはよく、カンナ掛け仕上げで薄茶色の光沢のある本桐は照明当てが難しく、応急処置で表面を漂白したタンスほど美しく新品に見えて評判がよく、「白い桐タ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の木と日本4

投稿日:2017年05月18日 09:00

アク抜きによって、カビ菌や臭い菌の成長の元となる糖分や養分が除去されているため、桐の表面にはカビが生えにくく、異臭が生じないのです。このアク抜きを3年、5年、8年と行う中で、夏は膨張、冬は収縮を繰り返…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の超能力3

投稿日:2017年05月16日 09:00

厚生省や通産省でも、まだ科学的に人体にどんな効果をもたらすのかを研究中だということです。しかし、今や「遠赤外線商品」は、歯ブラシから、ヒーター、魚焼き器まであらゆる分野に登場しています。セラミックスの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の木と日本3

投稿日:2017年05月15日 09:00

その桐を植林する林業家、農家がとうとう当NPO 「桐、ささやかな植樹祭」と福島県三島町の建設課だけになってしまったことを皆様はご存知でしょうか?桐が戦後隆盛を極めた原因は、全国桐連合会の国会ロビー戦術…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の超能力2

投稿日:2017年05月11日 09:00

最近、新聞や雑誌などで「遠赤外線」という言葉がしばしば登場していることにお気付きかも知れません。食品の鮮度を維持するためや、調理に、またストーブ、コタツ、床暖房をはじめ、医療、健康面でも、疲労回復や血…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の木と日本2

投稿日:2017年05月09日 09:00

このような大発展を遂げた鉄鋼業界の英断の歴史を踏まえながら、『桐の木』の現状と未来を知っていただければ幸いです。鉄から翻って、木の歴史はどうなっているのでしょう。日本の大半を占めていた広葉樹林は戦後復…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の超能力1

投稿日:2017年04月27日 09:00

「ベッド」「マット」「靴の中敷き」と聞いて、一体これは何だろうと思われるでしょう?これ等は全て『桐』を素材にした全く新しい製品です。しかも驚く程の効果を秘めているのです。幼い頃から、「桐には何か不思議…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の木と日本1

投稿日:2017年04月26日 09:00

桐の木の話をする前に、ちょっと思い出して頂きたい事があります。古来、たたらと言われる製鉄所が刃物の原料「鉄」を作りはじめてから、数多くの森が消えたといわれています。炭の文化はそのたたらの廃材利用の進化…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ6

投稿日:2017年04月18日 09:00

■点眼薬のさし方 点眼薬の効果をさらに高めるおすすめ方法があります。点眼時は頭を後方に傾け、天井を見つめるようにします。そして、一方の手で下まぶたを軽くひっぱり、点眼容器を目の真上に持ってきて点眼しま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ5

投稿日:2017年04月17日 09:00

■対処法 蒸しタオルなどを使って目を温めると、血行が良くなり目の筋肉の緊張が緩和しますので、疲れ目に効果があります。ただし、白目が充血しているときは炎症を取るために冷やすほうが効果的です。また暑い季節…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ4

投稿日:2017年04月16日 09:00

目の乾燥を防ぐために加湿器や濡れタオルを干して、室内の湿度を適度に調節したり、エアコンの風が直接目に当たらないように、送風口の向きを変えるなどの工夫も必要です。室内が暗いと目が乾燥しやすくなり、特に読…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ3

投稿日:2017年04月13日 09:00

■予防法 長時間にわたってモニターを凝視する仕事では、休憩時間を取ってください。1時間ごとに約15分は目を休めて、目の疲れをとる体操やマッサージをします。また、蒸しタオルをまぶたの上にのせて、目を休め…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ルテイン6-2

投稿日:2017年04月06日 09:00

ぶどう膜は目を構成するとても重要な組織ですが、ぶどう膜炎の起こる原因は様々であり、時には原因不明の病原体による感染もあります。ぶどう膜炎の自覚症状の代表的なものは、目の赤み、目の痛み、視力の低下、ゆが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ2

投稿日:2017年04月04日 09:00

■ドライアイが引き起こす疾患 角膜炎は目の乾燥や異物の混入などで、目を保護する役割の涙が減少します。そのことが原因になって角膜の表面に傷が出来たり、細菌やウイルスに感染して炎症を起こすのです。目の異物…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ルテイン6-1

投稿日:2017年03月29日 09:00

■コントラスト感度改善効果 コントラスト感度とは、ものの濃さ薄さを見分ける能力です。ルテインは、摂取することにより血液中に取り込まれ、目の黄斑部に蓄積します。黄斑部にルテインが蓄積すると、コントラスト…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ドライアイ1

投稿日:2017年03月28日 09:00

ドライアイとは、涙の量が減って目が乾燥した状態です。目の乾きや疲労、異物感、かゆみ、充血、目やになどを引き起こします。原因は目の酷使や乾燥などの生活習慣によるものと疾患によるものがあります。 ■原因 …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と花粉症「新しい治療方法も」5

投稿日:2017年03月17日 09:00

私も毎年花粉症に悩まされていましたが、今年は大自然の氷山底層水から作られた強アルカリ性水を水で希釈して飲用し、鼻にも噴霧していますので、花粉症の症状である、くしゃみや鼻水、鼻づまりのいずれの症状もなく…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と花粉症「新しい治療方法も」4

投稿日:2017年03月16日 09:00

ただ、鼻に薬を噴霧すること自体が刺激になると、抵抗感を抱く人も少なくありません。ガイドライン編集委員代表の大久保・日本医科大学教授は「いつも症状が重くなりやすい人には鼻噴霧ステロイドがお勧めと話してい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と花粉症「新しい治療方法も」3

投稿日:2017年03月10日 09:00

最初に始めるのは鼻噴霧ステロイドがよいのか?抗ヒスタミン薬がいいのか?どちらが効果的かを比べた山梨大学などのグループの研究によると、鼻噴霧ステロイドから始めた人たちの症状の程度は、抗ヒスタミン薬の人た…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と自然食「美味しい日本酒」3-3

投稿日:2017年03月07日 09:00

日本酒は、環境の変化にたいへん敏感です。おそらくはワインよりも環境の変化に敏感です。良い日本酒専門店などでは、日本酒は光が当たらないようにお店の一番奥で、ライトを消した冷蔵庫に入れられたりしています。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と花粉症「新しい治療方法も」2

投稿日:2017年03月02日 09:00

花粉症の治療で最もよく使われるのは「第2世代抗ヒスタミン薬」という種類の飲み薬で、くしゃみや鼻水を抑える効果が高く、早いタイプでは飲んで20?30分で効果が表れます。鼻づまりがひどい人には「抗ロイコト…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と自然食「美味しい日本酒」3-2

投稿日:2017年02月24日 09:00

地酒メーカーはほとんどが手作業で、お米やもろみと対話しながら造ります。大手メーカーはコンピュータ制御で造るので、一定の品質が保てますが、やはり心がこもりにくくなります。地酒メーカーは、人間の勘や経験を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と花粉症「新しい治療方法も」1

投稿日:2017年02月22日 09:00

スギの花粉が飛び始め、本格的な花粉症シーズンが始まりました。日本気象協会の予測によると、今シーズンの花粉の飛散量は九州から東海地方にかけて多くの地域で例年を上回り、関東や東北などではやや少なくなる見通…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 美味しい日本酒3-1

投稿日:2017年02月20日 09:00

発酵が終わったお米(これを『もろみ』といいます)を絞るとお酒ができてきます。ところで、ぎゅーっと絞ったあとの残りかすの『もろみ』が、じつは『酒かす』です。ちなみに、大吟醸の酒かすは、白くてクリームのよ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 薬剤耐性菌4

投稿日:2017年02月14日 09:00

また、米国では昨年、19種類の殺菌剤を含む抗菌石けんやボディーソープを販売禁止しました。中でもトリクロサンを含むものは耐性菌が生じる可能性や、体内のホルモンに悪影響を与える可能性から日本でも対応が迫ら…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 美味しい日本酒2-4

投稿日:2017年02月13日 09:00

吟醸酒と、純米吟醸酒の味の違いは、一般的に吟醸酒は味が端麗で飲みやすい、純米吟醸酒は、味が濃厚でコクがある、と思っていただければ良いかと思います。このあたりは個人の好みにより、どちらが好きか別れると思…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」5-3

投稿日:2017年02月09日 09:00

60歳代では70%、80歳代では、ほぼ全ての人にその症状が現れ、白内障は世界の失明原因の第1位であるといわれています。白内障の完全な治療には手術が必要で、白く濁った水晶体の替わりに透明な人口のレンズを…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 薬剤耐性菌3

投稿日:2017年02月07日 09:00

抗生物質は菌を殺菌しますが、ウイルスには効果がなく、風邪の95%はウイルスが原因ですから抗生物質は効きません。しかし、日本外来小児科学会の調査では、37.5度以上の発熱がある風邪の患者さんに必ず抗生物…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 美味しい日本酒2-3

投稿日:2017年02月03日 09:00

酵母はお米の栄養分を発酵させてアルコールにするのですが、よく精米されたお米ではタンパク質がほとんど無いため、酵母にとっての栄養分が足りないのです。このままでは充分に発酵することができません。酵母はそこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」5-2

投稿日:2017年01月31日 09:00

■白内障を予防・改善する効果 ルテインは、白内障の予防に効果的です。白内障とは、水晶体のたんぱく質が活性酸素によって変性し、白く濁るため徐々に見えづらくなってきてしまう病気です。水晶体は赤ちゃんの頃は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 薬剤耐性菌2

投稿日:2017年01月30日 09:00

他にもフルオロキノンに耐性をもった大腸菌などの耐性菌が増えています。このような耐性菌がなぜ生まれたのかというと、その大きな原因は抗生物質の乱用にあります。細菌感染症の治療の原則は、その菌に「有効な抗生…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 美味しい日本酒2-2

投稿日:2017年01月27日 09:00

「なぜ大切なお米を削ってしまうの?削ったら栄養が無くなるんじゃないの?」そんなふうに思う方もいるかもしれません。実はここには、日本酒がおいしくなるための秘密が隠されているのです。お米には、デンプン質の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」5-1

投稿日:2017年01月25日 09:00

最近では、2007年からアメリカにて、4000人以上を対象とした6年間の大規模な臨床試験(AREDS?)を行っています。ルテインとゼアキサンチンを摂取していると、黄斑変性症のリスクが低くなるというデー…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 薬剤耐性菌1

投稿日:2017年01月24日 09:00

「耐性菌」あるいは「薬剤耐性菌」という言葉を聞いたことがあると思います。これは抗生物質に対して抵抗力を持ってしまい、薬が効かなくなった菌のことです。耐性菌にかかると、今までの薬を使っても病気が治らなく…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 美味しい日本酒2-1

投稿日:2017年01月23日 09:00

■吟醸酒 『吟醸酒』『純米吟醸酒』『大吟醸酒』『純米大吟醸酒』これらの日本酒の作り方は、基本的に一緒です。吟醸酒の場合、原料となる米を、60%以下にまで削ります。そして、吟醸酒全般の特徴としては、フル…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と自然食「美味しい日本酒」1-3

投稿日:2017年01月10日 09:00

■本醸造酒 こちらも、二増酒と同じように醸造アルコールを足して作られますが、二増酒のように味そのものが変化するような酸味料や糖類などは使いません。醸造アルコールの量も、二増酒のように大量には使わず、原…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」4-3

投稿日:2017年01月06日 09:00

黄斑変性症に対するルテインの効果を調べた研究では、被験者が長期間に渡り1日10mgのルテインをサプリメントで摂取し、症状が改善した事例もあります。目の健康に対するルテインの研究の歴史は古く、1782年…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と自然食「美味しい日本酒」1-2

投稿日:2016年12月31日 09:00

■普通酒 米から作られる日本酒の起源は、はるか数千年の昔にさかのぼりますが、今飲まれているような透明の日本酒ができたのは江戸時代からです。第二次大戦後、日本国内の米はとても不足していました。そこで、少…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」4-2

投稿日:2016年12月30日 09:00

■黄斑変性症を予防する効果 ルテインはゼアキサンチンとともに、活性酸素により起こりうる酸化のダメージから黄斑部を守ってくれる効果があるといわれています。網膜には、光や色を認識する視細胞が1億個以上も存…続きを読む
この記事へのコメント (0)



  健康と自然食「美味しい日本酒」1-1

投稿日:2016年12月27日 09:00

一般的な日本酒のイメージといえば、悪酔いする、二日酔いがひどい、甘ったるくてベトベトする、などと思う方が多いのではないでしょうか。確かに、日本酒にそのようなイメージが強いのは事実です。では、なぜそのよ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」4-1

投稿日:2016年12月26日 09:00

2つ目は、ルテインエステルと呼ばれるルテインです。ルテインエステルは、フリー体ルテインに脂肪酸が結合されたもので、抽出されて未精製のルテインを指します。精製を行う工程がないため、原料的にも安価ですが、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」3-4

投稿日:2016年12月15日 09:00

■ルテインとゼアキサンチン ルテインはカロテノイドのひとつであるゼアキサンチンとともに存在しています。黄斑部という名称も、ルテインとゼアキサンチンが存在することによって黄色いしみのように見えることから…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とインフルエンザ「歯磨きが予防」3

投稿日:2016年12月09日 09:00

さらに、夜もしっかり歯みがきをして、歯と歯の間のプラークを歯間ブラシなどで取ってあげるといいでしょう。 夜の歯みがきは、唾液が減少する睡眠中に、少しでも細菌が増殖しないようにするのが目的です。 インフ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」3-3

投稿日:2016年12月08日 09:00

ルテインは日本の眼科医も注目している成分で、目の健康を守るためにルテインのサプリメントをすすめる眼科も増えてきています。ルテインは1日に6mg以上摂ることが望ましいとされていますが、病気の予防のために…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とインフルエンザ「歯磨きが予防」2

投稿日:2016年12月01日 09:00

インフルエンザウイルスは、まず鼻や喉の粘膜に付着し、細胞に侵入して増殖すると感染します。粘膜はタンパク質がガードして、ウイルスが付着しないように守られています。インフルエンザに感染しにくくするには、口…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」3-2

投稿日:2016年11月30日 09:00

■ルテインを効率的に摂取するには ルテインを含めたカロテノイドは、脂溶性の成分であるため、ほうれん草などの緑黄色野菜からより効率的にルテインを摂るには、脂質とともに摂ると効果的です。脂質と一緒に摂るこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康とインフルエンザ「歯磨きが予防」1

投稿日:2016年11月27日 09:00

毎年、寒くなる季節はインフルエンザが流行する季節です。予防接種を受けるなど防御策もありますが、その年によってインフルエンザの型が異なることもありますので、注射さえすればOKともいえません。 そんなとき…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」3-1

投稿日:2016年11月26日 09:00

黄斑部は、外界から入射してきた光が角膜と水晶体を通して屈折した後、像を結ぶ場所となっています。よって、黄斑部は眼球で最も光が集まる部分であり、視力を支えている場所であるといえます。 ルテインは水晶体や…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-6

投稿日:2016年10月19日 09:00

酵素を消耗しないためには、よく噛むことも大切です。よく噛むと、唾液や胃液、胆汁などと混ざり合って消化が助けられます。すると、食べ物がきれいに消化・吸収されるために毒素が発生しないので、消化・吸収・解毒…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-5

投稿日:2016年10月18日 09:00

人間は進化の過程で食物を「調理する」ということを発見しました。それによって、より多くの食物を楽しんだり、保存したりできるようになりました。しかし、同時に貴重な酵素を調理によって失ってしまったのです。野…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-4

投稿日:2016年10月14日 09:00

牛や豚の体温は人間よりも高い38.5-40℃で、鶏の体温はそれよりもさらに高い41.5℃です。こうした人間よりも高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあるということです。つまり、それよ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-3

投稿日:2016年10月05日 09:00

まず、植物性の食物と動物性の食物の割合は「8対2」が理想的です。すると「そんなに動物性の食物を少なくしてしまっては、たんぱく質が不足しませんか?」といわれますが、心配はいりません。植物性の食物でも、た…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-2

投稿日:2016年10月04日 09:00

最近、提唱されている食事法では、基本的には酵素を含む食物を良い食物、酵素が少ない、または無くなってしまっている食物を悪い食物と考えます。ライオンなどの肉食動物は獲物を捕まえたときに必ず「内臓」から食べ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」2-2

投稿日:2016年09月30日 09:00

水晶体は直径が1cmほどの器官ですが、毛様体筋という筋肉によって厚さを変えることができ、遠くのものを見る時は厚さを薄く、近くのものを見る時は厚くなります。水晶体に含まれるルテインは青色の光(ブルーライ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「長寿の秘訣は食にあり」1-1

投稿日:2016年09月27日 09:00

あなたは何を基準に日々の食べ物を選んでいますか?私たちの体は日々の食事によって養われています。つまり、健康も病気も、日々の食事の積み重ねであるということです。 1996年、厚生省(現厚生労働省)はが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」1-3

投稿日:2016年08月31日 09:00

イチョウなどの黄色く紅葉する植物は、秋になって寒波が来ると、葉の中のクロロフィルが破壊され、キサントフィルが葉に残ることで色づくため、美しい黄色の紅葉となることができるのです。 ルテインの働きで特に注…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」1-2

投稿日:2016年08月26日 09:00

カロテノイドは600種類以上存在するといわれており、大きく分けると、β-カロテンやα-カロテンなどのカロテン系とルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系の2種類に分けられます。ルテインが分類され…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と視力「ルテイン」1-1

投稿日:2016年08月23日 09:00

ルテインとは、目の中の水晶体や黄斑部などにもともと存在している成分で、強力な抗酸化作用を持っています。緑黄色野菜などに多く含まれる黄色の天然色素で、「天然のサングラス」とも呼ばれています。黄斑変性症や…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な身体をつくる6-4

投稿日:2016年08月16日 09:00

人間にはそういう不思議な機能がたくさん備わっています。自分の意思で命令しているわけではないのに、自然と調和を保っているんです。そういう働きがあるからこそ私たちは生きられるんだと思います。だから、毎日感…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な身体をつくる6-3

投稿日:2016年08月12日 09:00

人間の命って、意識に左右されることが多いと思います。筑波大学名誉教授の村上和雄先生が言われるように、「病は気から」というように、意識を変えて、病に感謝して、自分の命にも感謝して生きていくと、どんどん細…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な能力8-3

投稿日:2016年08月11日 09:00

■新鮮な乳酸菌と古参の乳酸菌 新鮮な乳酸菌は宿主と強い絆で結ばれ「共生性」を発揮し、腸内細菌と協力して腸の消化の吸収機能を助けたり、ビタミンを合成したりします。一方、古参の乳酸菌は自らが作り出した強酸…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な身体をつくる6-2

投稿日:2016年08月04日 09:00

西洋医学は対症療法ですから、「熱が上がったら解熱剤で下げる」それじゃあ根本治療にはならないと思います。なぜ病気になったか、その原因をまず調べて原因を取り除かないと、何回も同じことをくり返してしまいます…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な能力8-2

投稿日:2016年08月02日 09:00

■乳酸菌 乳酸菌には新鮮な乳酸菌と古参の乳酸菌とがあります。新鮮な乳酸菌はヨーグルトならばまだ酸っぱくないヨーグルトで、新鮮な乳酸菌は元気で増殖力もあるため、このような菌をお腹いっぱいに入れれば腸内の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な身体をつくる6-1

投稿日:2016年07月27日 09:00

無知というのがいかに怖いことなのかを実感させられます。知ることが一番です。知らない人があまりにも多すぎます。だから、がんや生活習慣病が増えるんです。あとは、白砂糖や食塩(Nacl)は化学調味料ですから…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な能力8-1

投稿日:2016年07月26日 09:00

■プレバイオティクス このプロバイオティクスと並んで「プレバイオティクス」という考え方もあります。このプレバイオティクスとは「腸内の善玉菌の餌となり善玉菌を増やして健康にする」という物質のことです。簡…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 5-4

投稿日:2016年07月15日 09:00

ところが、スーパーには1年を通してすべての野菜が並んでいます。野菜だけではありません。バナナやパイナップル、マンゴー、キウイといった体を冷やす南国系の果物も並んでいます。いつ、何が旬なのか分からない人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



  健康な体をつくる 5-3

投稿日:2016年07月12日 09:00

また、レトルト、冷凍、インスタントなどの手軽で安価な加工食品が多く出回るようになりました。これらの食べ物には、塩分や糖分、脂肪、防腐剤や人工甘味料といった添加物が多く含まれています。それを電子レンジで…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 5-2

投稿日:2016年07月07日 09:00

桐は空気層が多いために断熱効果抜群、そして適度な柔らかさと暖かさがあります。素足で歩いても冷たさを感じずにとても快適です。暖かくて柔らかい桐のフロアは、これが本当の住まいなのかなぁと実感されるでしょう…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な能力 7-2

投稿日:2016年07月05日 09:00

一時は良くても後々体力が落ちたり、強い副作用の影響で余病を発症したりして、かえって人間の寿命を短くしてしまうようです。つまり西洋医学の目先だけの治療の失敗の象徴的な薬がこのアンチバイオティクスといえる…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 5-1

投稿日:2016年06月29日 09:00

健康な住まいをご提供するために、私たちはNPO法人「桐、ささやかな植樹祭」を設立し、農薬や化学肥料・殺虫剤を一切使わない桐の木の植林を行っています。私たちの育てた桐材は何年も雨と太陽にさらして、木の中…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な能力 7-1

投稿日:2016年06月28日 09:00

■プロバイオティクス 抗生物質のことを「アンチバイオティクス」といいます。1940年頃に抗生物質が発見されて以来今日までアンチバイオティクスの時代が延々と続いてきました。しかし、何でもかんでも殺すアン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 6-5

投稿日:2016年06月17日 09:00

第一次世界大戦ではこれらを化学兵器として使用した程で、アミン類の中にニトロソアミンという物質があります。ニトロソアミンを1PPM(百万分の1%)入れた水を20匹のネズミに飲ませて育てた実験があります。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 6-4

投稿日:2016年06月16日 09:00

アミン類は脳に行ってしまうだけでなく、場合によってはBBBを破壊することもあります。こうなると大変なことになり、ほとんどの頭痛(片頭痛や緊張型頭痛)はこのアミン類が脳に入った結果、果頭蓋内圧が経度亢進…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と体温「健康な体をつくる」4-3

投稿日:2016年06月09日 09:00

湿熱とは例えば、蒸しタオルを連想してみてください。蒸しタオルを肌にあてると気持ちがいいですが、あの蒸しタオルから水分が抜けて乾燥していたら、決して気持ちがいいとは思えません。熱に水分が加わると、熱がマ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 6-3

投稿日:2016年06月07日 09:00

■アミン類と硫化水素 アミン類は病気の根源となり、とくに硫化水素の毒性であるニトロソアミンの毒性は強烈です。硫化水素は温泉街でよく嗅ぐ卵の腐ったような臭いがして、体内で発生すると大変なことになります。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と体温「健康な体をつくる」4-2

投稿日:2016年05月31日 09:00

そのうえ、長時間のデスクワークによって血流はさらに悪くなり、当然体温は下がります。また、室内外の温度差が激しいため、体温調節の機能がおかしくなり、自律神経にも異常をきたしてしまうのです。 桐の内装材は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 6-2

投稿日:2016年05月27日 09:00

しかし、ほとんどのアミン類は尿素窒素となって血に入り全身に流れ、その尿素窒素は糖とくっついて糖化します。これが微小循環を悪化させるルロー化です。そして活性酸素だらけになってしまうのです。 この毒素の影…続きを読む
この記事へのコメント (0)



  健康と体温「健康な体をつくる」4-1

投稿日:2016年05月25日 09:00

なぜ日本人の平均体温は下がってしまったのでしょうか。それには3つの原因があると考えられます。1つは「生活環境の変化」、2つ目が「食習慣の変化」、3つ目が「運動量の低下」です。 まず生活環境の変化につい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 6-1

投稿日:2016年05月24日 09:00

■腸内菌の適正なバランス 腸内細菌で大切なことは善玉菌と悪玉菌のバランスです。悪玉菌が増えていくと多数派の日和見菌が悪玉菌に影響されてしまい最悪の状態になります。善玉菌が27-28%、悪玉菌が2-3%…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き5-4

投稿日:2016年05月16日 09:00

■悪玉菌が増えるのは ・過食 ・動物性タンパク質の過食 ・ショ糖やショ糖菓子の過食 ・糖化した食事の過食 ・悪い脂の過食 ・夜食 ・加熱食オンリーの生活 ・ストレス過剰 ・昼夜逆転生活 このようなこと…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き5-3

投稿日:2016年05月13日 09:00

■悪玉菌の役割 大腸内には400種400兆もの菌が生息して活動しています。小腸内にもそこまではありませんが、かなりの菌が生息しています。そしてそのほとんどが日和見菌で、30%近くは善玉菌、数%は悪玉菌…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる3-2

投稿日:2016年05月06日 09:00

そればかりではありません。桐とサワラをバランスよく配合した天然木材の香りの効果で、深いレム睡眠が早くやってきます。ただ単に天然素材を利用するだけではなく、その効用とバランスをデータと照合しながら10年…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き5-2

投稿日:2016年05月02日 09:00

■善玉菌は抗生物質を作る 乳酸菌は抗生物質を作ることもできます。菌が培養状態になると、抗生性のタンパクやケミカルをかなり作ります。ロシアの微生物学者のメチニコフは約100年前、シベリア近辺の長寿村を調…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる3-1

投稿日:2016年04月26日 17:00

この方式で竹炭から放熱される天然の遠赤外線を有効に桐の板に送り込み、桐の孔を透過した遠赤外線の熱が背中から心地よく伝わり、体をほどよく包み込んでくれます。温度制御が±5度つまり上下10℃の温度差がある…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き5-1

投稿日:2016年04月26日 09:00

■腸内の代表が乳酸菌 腸には善玉菌と悪玉菌と日和見菌がいて、どんな割合で生息しているかは胃に近い方と肛門に近い方とでは菌構成も違ってきます。人間と共生している菌としてはほとんどが善玉菌と日和見菌ですが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き4-4

投稿日:2016年04月16日 17:00

4、花粉症などアレルギーの抑制 乳酸菌はあらゆるアレルギー反応に対して沈静化させます。とくにアトピー性皮膚炎、喘息、花粉症にいいようです。 5、ビタミン他有用物質の合成 人間にはたくさんのビタミンが必…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き4-3

投稿日:2016年04月14日 09:00

3、病気を予防する 腸管全体に細菌が少なければ腸内はオゾンホールの空いた地球のようになり、紫外線を直接浴びるのと同じような状況になります。その状況が続けば、病気をもたらす様々なウイルスが腸管細胞につき…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き4-2

投稿日:2016年04月08日 09:00

■腸内乳酸菌の偉大な役割 乳酸菌は主に小腸内に共生して、乳酸、酢酸、酪酸、プロピオン酸など、有機酸を作り出します。 1、腸内菌叢を整えて、有害菌の繁殖を防ぐ 腸には数千種、人間の全身の細胞の10倍以上…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き4-1

投稿日:2016年03月30日 09:00

必須アミノ酸のトリプトファンは、体の中では合成されないので食事から摂取します。トリプトファンがセロトニンになる時、必要なものは葉酸、ナイアシン、ビタミンB6などですが、これらを作り出しているのは小腸に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「インフルエンザが猛威」5

投稿日:2016年03月18日 09:00

共同研究では67-102歳の男女67人を2グループに分け、一方のグループにメカブフコダインを、他方には疑似を、1日当たりそれぞれ300ミリグラム摂取させました。摂取開始から1ヶ月後、3種混合季節性イン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「インフルエンザが猛威」4

投稿日:2016年03月17日 09:00

フコイダンとは免疫力を向上させるなど、人の健康に重要な働きが認められている物質です。メカブの粘り成分「フコイダン」がインフルエンザワクチンの効果を高めると、理研ビタミン、豊中愛和会、武庫川女子大国際健…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「インフルエンザが猛威」3

投稿日:2016年03月15日 09:00

このバランスが崩れると不調の原因になります。現代人は、生活習慣やストレスによって「Th1細胞」が低下しやすくなっており、それが免疫力低下を招いています。そのため、「Th1細胞」を活性化させ、「免疫バラ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「インフルエンザが猛威」2

投稿日:2016年03月11日 09:00

さらに季節の変わり目には気温の変化に体がついて行けずに自律神経のバランスが崩れ、免疫力がダウンすると言われています。特にインフルエンザや風邪などの感染症が本格的に猛威をふるいだす、今の時期には特に注意…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」3-2

投稿日:2016年03月10日 09:00

■セロトニンのもう一つの役割 セロトニンはその他、人の精神活動をコントロールできるというとんでもない働きも持っています。精神活動というのは多様で複雑ですから、セロトニンの多い少ないで説明します。セロト…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ちしゃとう:抗アレルギー野菜4

投稿日:2016年03月03日 09:00

「ちしゃとう」は野菜ですから、薬とは違い副作用を気にせずに摂取できます。粉末状にして加工したキャンディや青汁も販売されています。更に研究が進み効果的な利用法が開発されれば、アレルギー疾患、アトピー性皮…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ちしゃとう:抗アレルギー野菜3

投稿日:2016年03月01日 09:00

順天堂大学での臨床試験でも同様の効果が得られました。こうしたアレルギー症状を抑える効果が発見されたのは、野菜としては初めてで、日本人の3人に1人が発症している花粉症(アレルギー性鼻炎)の予防対策に期待…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ちしゃとう:抗アレルギー野菜2

投稿日:2016年02月26日 09:00

岡山大学薬学部のマウスを使った研究実験では、2匹のマウスにアレルギーを引き起こすヒスタミンを投与して、1時間後に1匹のマウスだけ「ちしゃとう」を与えてアレルギー症状を比較しました。結果は「ちしゃとう」…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「インフルエンザが猛威」1

投稿日:2016年02月25日 09:00

冬になるとインフルエンザや風邪などの感染症にかかりやすい?! そんなことはありませんか?もしかしたらそれは、「免疫力」の低下が原因かもしれません。私たちはたくさんのウイルスや細菌に取り囲まれた生活を送…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」3-1

投稿日:2016年02月24日 17:00

■小腸と脳死 小腸がいかに脳から独立した存在であるかは「脳死」を考えればよくわかります。脳がダメージを受け、一般的には脳波が停止することを脳死といいますが、世界には「脳死が人の死亡」と認めない国もあり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ちしゃとう:抗アレルギー野菜1

投稿日:2016年02月23日 17:00

「ちしゃとう」という野菜をご存じでしょうか。別名茎レタスやステムレタスなどと呼ばれる中国原産の野菜です。レタスの仲間ですが茎が大きく育つのが特徴で、日本では京懐石の前菜に「ちしゃとう」の浅漬けが出され…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 2-4

投稿日:2016年02月19日 09:00

二つ目は自主的に毒素を排泄させる機能です。悪い細菌及び有害的物質が口から入ってくると脳の嘔吐中枢に指令を出して嘔吐させ、それでも嘔吐しなかったら腸の保水細胞を刺激して保水細胞から水をたくさん出して危険…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 2-3

投稿日:2016年02月18日 09:00

■セロトニンの役割 脳に存在しているはずの神経伝達物質「セロトニン」が腸にも存在していることを見つけたマイケル・D・ガーション博士はさらにセロトニンの大半が腸で作られていることを突き止めました。さて、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 2-2

投稿日:2016年02月16日 09:00

アメリカの生理学者マイケル・D・ガーションは『セカンド・ブレイン:腸にも脳がある』(小学館)という本を書いています。彼は脳に存在している「セロトニン」が腸にも存在するということを発見し、体内のセロトニ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 2-3

投稿日:2016年02月12日 09:00

材質は無農薬で植林された桐を使用しています。桐は杉や檜に比べて約3倍も成長が早く10年で伐採できます。この桐を製材する前に天然洗浄を根気よく行い、しっかりとアク抜きをしています。漂白はいっさいしていま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 2-2

投稿日:2016年02月11日 09:00

そんな中、天然素材を活用して、しっかり体を温めて眠ると大変爽快に眠れるという多くの方の声をいただきました。睡眠は美容と健康の源です。人の体は寝ている間に、免疫が働き、脳や体の疲れを癒し、健康に戻ろうと…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小腸の偉大な働き 2-1

投稿日:2016年01月28日 09:00

■小腸と大腸の違い 小腸に比較的がんが少ないのは、小腸の神経細胞が脳の支配から独立しているからです。小腸には一億個の神経細胞がありますが、それらの神経細胞は脳の神経細胞とほとんどつながっていませんから…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康な体をつくる 2-1

投稿日:2016年01月27日 09:00

■病気は夜つくられる! リラックスして寝れば体の緊張もほぐれるのに、眠るときまで眉間にしわをつくったままストレスを寝かしつけて熟睡できない人。あれやこれや考えて貴重な睡眠時間を無意味に過ごしてしまう人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と体温「健康な体をつくる」1-3

投稿日:2016年01月15日 17:00

体温が1度下がると体の免疫力は3割低下するといわれていますから、0.7度という数字は小さな数字ではありません。がん細胞は低温を好み、特に活発に増えるのが35度前後といわれています。逆に42度以上の熱で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と体温「健康な体をつくる」1-2

投稿日:2016年01月14日 17:00

ほとんどの病原菌は37度の体温で死滅することが分かってきていますから、酵素栄養学を活用した正しい食習慣によって免疫力を高め、がんや生活習慣病を改善していくのには平熱を37度にすることがとても大切だと思…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」1-5

投稿日:2016年01月12日 17:00

脳は腸から発生した組織のようで、脳は腸を満足させるためにしか働かないとも言われています。その裏付けは「臓器移植」です。脳の移植実験で人格は変化しませんが、心臓、肺、肝臓、骨髄とかを臓器移植すると、人格…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」1-4

投稿日:2016年01月08日 17:00

皮膚にもこの細胞はあります。大好きな人にタッチされると「快い」ホルモンが出現し、ドキドキし、抱かれたいと受け入れますが、嫌いな人にタッチされると「不快」なホルモンが分泌されて「嫌」だと拒否するのは、こ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」1-3

投稿日:2016年01月07日 17:00

もし脳が体の全てをコントロールしているのであれば、内臓を休めたり動かしたりできるはずです。特に小腸は重要な臓器なのです。大腸は全部摘出しても生きていけますが、小腸は全部摘出したら命を失ってしてしまうこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」1-2

投稿日:2016年01月05日 17:00

藤田氏は発生学的に「腸そのものが、ものを考える」と結論づけました。腸だけの動物も「お腹が空いた」とか「何か食え」とか生きていくための指令を出しているのだと。その指令を受けるのが「口」(腸の入口)の周囲…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 三世代同居のリフォーム支援-3

投稿日:2016年01月01日 17:00

地位や名誉や財産があっても夫婦の愛、親子の愛がなかったら人生は虚しいものです。住宅購入に無理は禁物です。多少遠くても地方創生で活性化する地域や構造材の良い中古住宅を選ぶのもひつの方法で。地域の不動産・…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 三世代同居のリフォーム支援-2

投稿日:2015年12月31日 17:00

三世代同居というイメージは遠い昔の話ですが、スウェーデンの「ゆりかごから墓場まで」という政策を羨ましく思ったものです。その頃から日本は核家族化が始まりました。両親と離れて都会に出て家を持つことが人生の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 トランス脂肪酸-4

投稿日:2015年12月29日 17:00

また、お菓子類でいえば、油で揚げたスナックやビスケットなどにもトランス脂肪酸は含まれています。古い揚げ物油にもトランス脂肪酸が多く含まれていますので、揚げ物をする場合に古い油を何度も繰り返して使えば、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 トランス脂肪酸-3

投稿日:2015年12月28日 17:00

工業由来のタイプはドレッシングなどの植物油の脱臭処理工程で生じるタイプと、マーガリンなどの製造時に水素を加えて植物油を固まりやすくする際にできるタイプに大別できます。水素を加えるのは硬化油と呼ばれ、米…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 トランス脂肪酸-2

投稿日:2015年12月25日 17:00

一方、不飽和脂肪酸は、まぐろ、いわし、さんま、さばなどの魚類やオリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などの植物油に多く含まれている脂質で、常温で固まりにくく、体内で液体であるというのが特徴です。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と体温「健康な体をつくる」1-1

投稿日:2015年12月24日 09:00

現在は平熱36度以下の低体温の人が増えています。日本人の平均体温は半世紀の間に約0.7度も下がってしまったのです。この低体温の影響で心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高血圧の人が増えています。 すべての病気治…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「小腸の偉大な働き」1-1

投稿日:2015年12月23日 17:00

■人間を司るのは脳ではなく腸 人間にとって腸が根っこだということは、生物の進化の歴史からも分かります。「腸は考える」(岩波新書)という本を書いた藤田恒夫氏(新潟大学名誉教授)によると、「全ての動物は腔…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 トランス脂肪酸-1

投稿日:2015年12月22日 17:00

トランス脂肪酸という言葉は良く聞くと思います。2015年6月に米国の食品医薬品局(FDA)が食品へのトランス脂肪酸の添加を2018年6月以降は認めないとの方針を打ち出しました。トランス脂肪酸はマーガリ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展2016 3

投稿日:2015年12月04日 17:00

■統合医療セミナー -次世代の健康はここから?「森愛CLUB」で実践する代替医療とは 医療法人社団森愛会理事長、鶴見クリニック院長  鶴見隆史先生 副作用のあるものの投与、目先のことだけを考える対症療…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展2016 2

投稿日:2015年12月03日 17:00

「統合医療」とは、近代西洋医療を軸に栄養療法などの補完療法や漢方・鍼灸など伝統医療を組み合わせる医療であり、欧米・アジア諸国で広く実践されています。日本においてもQOL向上や予防医療を重視した「統合医…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 骨粗しょう症 3

投稿日:2015年12月01日 17:00

骨量を増やすには栄養素を考えた食事が大切で、カルシウムは大人で1日800-1000ミリグラムの摂取が理想ですが、日本人の平均摂取量は500ミリグラム程度です。また、カルシウムの吸収に必要なのがビタミン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 骨粗しょう症 2

投稿日:2015年11月27日 17:00

近年では骨質も注目されるようになってきました。骨質とは主にタンパク質の一種のコラーゲンの質のことをさします。コラーゲンは本来、柔軟性に富んでいますが、体内の酸化や糖化によって劣化すると、硬くもろくなり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展2016 1

投稿日:2015年11月25日 09:00

■治療から予防、健康長寿社会の実現へ 医療費が39兆円を超え「病気になってからの治療」から「病気の予防」への転換が迫られています。健康長寿への意識が高まるなか、予防医療に注力する医療機関が増加傾向にあ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 骨粗しょう症 1

投稿日:2015年11月24日 17:00

骨粗しょう症と聞くと、骨がスカスカになり骨折しやすくなる病気として高齢の女性を想像しますが、国内の患者は約1280万人いて、その内の約20%、300万人は男性です。骨は生まれてから生涯を通じて新陳代謝…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「体を治して意識の変化を」-2

投稿日:2015年11月19日 17:00

この「健康管理やりなおし倶楽部」は今年で8年目です。この会は、健康に関して関心の深い方々に会員として定期的にお集まりいただき、私が講師を務める勉強会です。医療機関関係者、企業経営者、会社員、主婦の方々…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「体を治して意識の変化を」-1

投稿日:2015年11月17日 17:00

私はこれまでに、「真の健康には意識のありようが非常に重要で、意識が変わればガンを含む病気も消えてしまうほどの変化が体にも表れる」とお話してきました。その考えは今も変わりませんが、皆さまにその考えをお伝…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 インフルエンザ「正しい手洗いのポイント」-1

投稿日:2015年11月12日 17:00

インフルエンザの集団発生による学級閉鎖などの措置が取られた自治体を中心に、感染予防の周知を図る動きが本格化し始めました。2015年10月14日に今シーズン初めて教育施設の臨時休業措置が取られた茨城県は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 インフルエンザ「正しい手洗いのポイント」

投稿日:2015年10月28日 17:00

インフルエンザの集団発生による学級閉鎖などの措置が取られた自治体を中心に、感染予防の周知を図る動きが本格化し始めました。2015年10月14日に今シーズン初めて教育施設の臨時休業措置が取られた茨城県は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 体を治して意識の変化を

投稿日:2015年10月28日 09:00

私はこれまでに、「真の健康には意識のありようが非常に重要で、意識が変わればガンを含む病気も消えてしまうほどの変化が体にも表れる」とお話してきました。その考えは今も変わりませんが、皆さまにその考えをお伝…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗酸化ミネラル・ハイドロン 5

投稿日:2015年10月08日 17:00

■天然ミネラルを抽出するディレカ活性水 水がディレカ活水器を通過すると複雑な無数の渦が発生します。この渦がぶつかり合い、摩擦によってできた電気をプラスとマイナスに分け、プラスの電気をアースによって土の…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗酸化ミネラル・ハイドロン 4

投稿日:2015年10月06日 17:00

■こだわりの濃縮水素イオン液 極地の氷河が溶けると、その水は4000mの深海まで沈み、数百年から数千年の歳月をかけて一度も大気に触れることなく帯状に地球を循環します。じっくりと熟成された氷山低層水は1…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の植林からつくる「健康住宅」

投稿日:2015年09月30日 09:00

■健康な住まいをご提供するために 住宅一棟に使われる建築材や壁紙などに使われる接着剤は、なんとドラム缶1本も使われていることをご存じですか?その接着剤などの成分にアトピーや化学物質過敏症に影響を与える…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗酸ミネラル・ハイドロン3

投稿日:2015年09月25日 17:00

■酸化と還元について 「酸化」とは、物質と酸素が結びつくことです。つまり、錆びることを言います。鉄のクギが錆びると茶色くなります。また、切った果物をそのまま放置して置くと茶色くなります。これと同じ酸化…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗酸化ミネラル・ハイドロン2

投稿日:2015年09月24日 17:00

■抗酸化ミネラルハイドロンとは? 約40億年程前に地球の地殻変動で、海藻や海水が陸に閉じ込められて堆積 しました。そして、水分が蒸発してミネラル成分が濃縮され長い年月をかけ て熟成し、約3億8千万年前…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗酸化ミネラル・ハイドロン1

投稿日:2015年09月18日 17:00

■マイナスイオン化で元気な体づくり 私たち人間には酸素が必要ですが、過剰な活性酸素の影響によって体は酸 化(+)の方向に向かい、病気になりやすい体になります。抗酸化ミネラル ハイドロンは食べ物や様々な…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「水素春ウコン」3

投稿日:2015年09月07日 16:00

■水素春ウコンで活力ある健康な生活を送りましょう 現代の日本人は「病院依存症」であるといわれています。なぜでしょうか。 病気は医師や病院が治すものだという考えに侵されているからです。病気を 治すのは自…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「水素春ウコン」2

投稿日:2015年09月03日 09:00

■春ウコンと加齢の関係 加齢によって引き起こされる視力の低下、物忘れを含め生活習慣病と言わ れるものに対して最近の研究の結果、原因は免疫力の低下が大きな要因と考 えられるようになってきました。春ウコン…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と免疫力「水素春ウコン」1

投稿日:2015年08月27日 09:00

■水素イオンって何? 「水素春ウコン」に使用されている水素イオン液は、海底を数百年-数千 年もかけて地球を循環している氷山低層水といわれる海流から採取したもの です。氷山低層水は海底深く流れることで熟…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「累積疲労」

投稿日:2015年08月26日 09:00

累積疲労は体の疲労が心の疲労にも移行します。放置すると、パニック障 害やうつ病、過労死にもなる怖い病気です。心療内科医で「累積疲労」とい う病名の名付け親でもある堀史朗さんは、そのメカニズムを説明しま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 今、注目されている酵素2

投稿日:2015年04月28日 09:00

健康と医療「今、注目されている酵素」2 果物や、生野菜は、すり下ろすことによって、細胞の中にある酵素が外に 出てきて、そのまま食べるよりも、酵素を多く摂ることが出来ます。ただし、 気をつけて頂きたいの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 今、注目されている酵素

投稿日:2015年03月24日 09:00

酵素には果物などにある食物酵素と、もともと人間が体内に持っている潜 在酵素とがあります。その潜在酵素にも消化酵素と代謝酵素があります。消 化酵素がなければ、食べた物を消化吸収して栄養として摂り入れるこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 鶴見式サプリメント

投稿日:2015年03月23日 09:00

★鶴見隆史医師より 新シリーズサプリメント誕生の背景 良いサプリメントは人間を健康にします。しかし、市販のもので私の満足 のいくものはありませんでした。そこで本当に優れた良い物を作りたくなっ たことが…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 第33回「健康博覧会2015」

投稿日:2015年02月25日 09:00

超高齢社会を迎え、生活者の健康意識は年々高まりを見せています。健康 博覧会は、生活者ニーズの伸長が著しい健康産業における、年に一度の「国 内最大級のビジネス商談展」です。毎年、500社を超える企業が、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「電子水」3

投稿日:2015年02月20日 09:00

神経細胞のミトコンドリアを増やすには、電子水を摂取して脳の血流を増 やすことです。運動は間接的に脳の血流を増やすことになるのでお勧めです。 また、新しいことに興味を持つことも脳の血流を増やすことにつな…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 Information「電子水」2

投稿日:2015年01月28日 09:00

ミトコンドリアの異常が男性の不妊をひきおこすことを筑波大学の中田和 人助教授らがマウス実験で突き止めています。新潟大学の安保徹教授はミト コンドリアの働きについて「精子は陰嚢のなか、外気で冷やすことで…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「自己多血小板血漿療法」PRP療法

投稿日:2015年01月27日 09:00

慢性痛治療の最近の傾向として、慢性化した患部を急性の状態に戻すこと により、自己治癒力を再活性化する「切開しない手術」が高い効果を上げて います。血小板再生治療とも呼ばれるPRP(Platelet-R…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「桐、ホルミシスルーム」

投稿日:2014年12月25日 09:00

桐と聞いて日本人になじみの深い製品は桐の箪笥ではないでしょうか。日 本の湿気を防ぎ、国土の7割が森林山間に覆われる日本では様々な虫も多い 中、あく抜きという技法で虫の餌を桐の木の中に含まない工夫を凝ら…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「電子水」1

投稿日:2014年12月22日 09:00

■電子とミトコンドリア 人体には約60兆個の細胞があり、生命維持活動を行っていますが、ミトコ ンドリアはこれ等細胞のすべてに存在する細胞小器官です。そして各細胞が 活動するために必要なエネルギーを生産…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「元気な身体づくりに酵素」

投稿日:2014年11月27日 09:00

酵素は身体の中にある「体内酵素」と、外から摂り入れる「食物酵素」の 2つに分けられます。さらに、体内酵素は食べ物を消化する「消化酵素」と、 細胞分裂やケガを治すなど、新陳代謝を司る「代謝酵素」とが存在…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康管理やり直し倶楽部

投稿日:2014年11月25日 09:00

■健康管理やり直し倶楽部 すべての病気には必ず原因があります。現代医療(西洋医学)は病気の現 象だけを見て診断し治療を行っています。病気になった原因を探ることはせ ずに、ただ現象に対する対症治療をする…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「命が輝く健康管理」

投稿日:2014年11月21日 09:00

まずはっきりお伝えします。現代医療(西洋医学)は患者さんの病気を治 すことはできません。数値や画像の管理だけをして患者さんを枠の中に閉じ 込めているだけです。医者は誰の命も輝かすことなく、そして自らも…続きを読む
続きを読む "健康と医療「命が輝く健康管理」" »
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「睡眠は疲労回復の特効薬」

投稿日:2014年10月29日 09:00

■朝の起床 質のよい睡眠をとるには、様々な方法があります。最も重要なのは、規則 正しい生活を送って就寝時間にはさっさと眠りに就く生体リズムを整えるこ とです。 そのためにはまず朝の起床がポイントです。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 酵素がつくる腸免疫力3

投稿日:2014年09月30日 09:00

水溶性の食物繊維は、糖分の吸収も遅くさせるので血糖値の急激な上昇も 防ぎ、糖尿病の予防にもなります。そして、高血圧の防止にも役立っていま す。食物繊維が、食塩などに多いナトリウムと結合しやすいという特…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「鶴見式酵素ファスティング合宿」

投稿日:2014年08月27日 09:00

講座と実習で鶴見式酵素ファスティングを学びながら行う2泊3日の合宿 です。ラジウム鉱石の快適な温泉や岩盤浴の温熱療法も使いながら体内を徹 底的にデトックスします。なかなか自宅でファスティングをすること…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「疲れの原因とその対処法」2

投稿日:2014年08月26日 09:00

■疲労の回復と軽減 疲労を回復するには、休息をとって疲れそのものを取り去ることです。運 動や仕事をすることによって何らかの負荷がかかると疲労度はどんどん高ま りますが、休息をとった時点で疲労度は軽減し…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「疲れの原因とその対処法」1

投稿日:2014年07月30日 09:00

「疲れたぁー」という言葉と一緒に深いため息をつく、こうした経験をさ れた方は多いのではないでしょうか。日本人の働いている人の約60%が疲れ ているという統計があります。疲れに対処するには、まず正しい知…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「糖化と酸化と病気」鶴見隆史先生講演会

投稿日:2014年06月26日 09:00

あなたは安全な食物を日々選択し、調理できていますか! ◆第1部「食の環境と社会的ストレスの実情」                 株式会社精膳 代表取締役 河野武平氏 1940年、京都府舞鶴市生まれ。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「酵素」がつくる腸免疫力2

投稿日:2014年05月28日 09:00

食物繊維の重要性を世界に知らしめたイギリスのデニス・バーキッド博士 は「すべての成人病の根源は、今世紀の食生活が繊維を失ったことにある」 と述べていますが、博士の言葉はまさに至言で、食物繊維はそれほど…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「THE CHOICE」生きるための選択 上映会

投稿日:2014年04月29日 17:00

健康と医療「THE CHOICE」生きるための選択 上映会  本当に恐るべきものは日常に隠れている  知られざる真実とは…  あなたが今もっとも恐れるものはなんでしょうか?今もなお多くの人々の 生活を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「酵素」がつくる腸免疫力1

投稿日:2014年03月27日 09:00

現代人は食事の欧米化による脂質の摂りすぎや食物繊維の不足により腸内 環境が悪化して、様々な病気を引き起こすと考えられています。人間は食物 からの栄養を腸でしか吸収することができません。毎日を快適に過ご…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 NPO法人鶴見酵素栄養学協会 第17回講演会「よみがえれ身体!」

投稿日:2014年02月28日 09:00

◆第1部「身体のサビ取り」酸化と還元             九州工業大学大学院教授 工学博士 森口哲次氏 島根大学理学部卒業後、九州大学大学院総合理工学研究科分子工学専攻、 修士課程修了し、1996…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「薬害の症例」3

投稿日:2013年12月26日 16:00

■血圧は薬で下げない方が体に良い 一方、降圧剤を使った場合は悲惨である。上の血圧は下がるが、下は同じ か、上がっていく。このことによる欠点は血流の大変な悪化にある。そのた め、前述のアルツハイマーを始…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「薬害の症例」2

投稿日:2013年11月29日 15:00

■日本人のアルツハイマーは世界一 日本のアルツハイマー病は2008年が208万人で、率的には断トツの世界一 だったが、2012年になると何と330万人と発表された。4年間で120万人以上 の増加だ。ま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カプセル内視鏡で大腸がん検査

投稿日:2013年11月29日 13:00

「飲むだけ」のカプセル内視鏡で大腸のがんを探す検査が、2014年1月か ら公的医療保険の対象になります。大腸がんはがんの死因の上位ですが、「 恥ずかしい」などの理由で検診の受診率が低いので受診を促し、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「薬害の症例」1

投稿日:2013年11月01日 06:00

健康と医療「薬害の症例」1 ■ほころび始めた西洋医療 西洋医療の治療図式は病名診断→即薬で、国民の頭には「当たり前」にな った。しかし、最近はこのやり方に極めて疑問を持つ人が増えてきた。私は 医師にな…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 食の未来

投稿日:2013年09月27日 06:00

NPO法人鶴見酵素栄養学協会におきましては、TPP参加に向けて動き始 めた日本の現状において、健康維持、病状回復のために、安心安全な農産物 について考えることが、非常に重要な問題と捉えております。そこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「現代人に極端に不足している酵素」2

投稿日:2013年09月05日 15:00

■腸内環境の悪化があらゆる病気を引き起こす  人間の体を樹木に例えると、根っこは腸絨毛(小腸内壁にある無数の突 起)、土壌は腸の中の栄養物、樹液は血液やリンパ液、葉っぱは肺、幹は筋肉 や 骨に相当しま…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 歯周病の予防

投稿日:2013年07月25日 11:30

 日本人の成人8割は歯周病(歯槽膿漏)かその予備軍といわれています。歯 周病は歯に付着する歯垢に含まれる細菌の一種である歯周病菌によって引き 起こされます。歯を支える歯槽骨(しそうこつ)や歯と歯槽骨を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 現代人に極端に不足している酵素」1

投稿日:2013年06月27日 09:30

■生きた酵素をたっぷり摂れば体は元気になる  現代人に極端に不足している酵素、いつも体がだるく、疲れが一向に取れ ない。慢性的な腰痛、頭痛に悩まされている。下痢や便秘を繰り返している …あなたはこんな…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 酵素で体の中を大そうじ

投稿日:2013年05月29日 15:00

 「健康の足し算、引き算」という考え方をご存知でしょうか?栄養やサプ リメントなどをどんどん足していく(取りこむ)のが足し算で、反対に不要 なものを引いていく(排出する)のが引き算です。近年の健康の考…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「アレルギーと住環境」2

投稿日:2013年03月05日 09:00

 通常の木が30年から80年で成木(直径30cm)になるのに対し、桐の木は15 年から25年で成木になります。成長が早いのは、土中からいろいろな養分を 吸い上げ、幹の構築には大量のCO2(二酸化炭素)…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 腸内細菌

投稿日:2013年02月14日 09:00

 腸は毎日の食べ物や飲み物などの栄養を吸収してくれる大切な場所で、吸 収された栄養はその人の血液の質や体質を決定しますから、人の生命維持に 関わる最も大切な臓器の一つです。また、腸は第二の脳とも呼ばれ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ゲノム診断

投稿日:2013年01月17日 09:00

 自分の体の設計図である全遺伝情報(ゲノム)が気軽に手に入る時代にな ってきました。DNAの解読は1953年に二重らせん構造が発見され、1977年 にDNAの配列を解読するサンガー法が開発されました。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 プラズマプラクシス

投稿日:2013年01月10日 09:00

 時代はいい水を買う時代から、いい水を作る時代に変わりました。あなた の身近に安心な水はありますか?有害物質を吸着する活性炭と特許セラミッ クボールのコラボレーション。それが水素プラズマウォーター生成…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 水素が抜けない水素水

投稿日:2012年12月28日 10:24

 地球上のすべての動植物が元気に生活するために欠かせない生命エネルギ ーはATP(アデノシン三リン酸)という物質です。ATPは、体内の細胞 の中にあるミトコンドリアという生命エネルギーの製造工場で常に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「西洋医学の長所と欠点」3

投稿日:2012年12月14日 09:00

■スモン病は薬害だった  昔、スモン病という病気がありました。1960年頃に始まり、その原因がキ ノホルムという下痢止め薬と完全に判定された1978年まで18年間もこの病気 は続きました。当初、原因は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ジャンクフードに注意

投稿日:2012年12月13日 09:00

ジャンクフードとは、スナック菓子やインスタントラーメン、ファースト フード(牛丼・ハンバーガー・ホットドッグ・フライドチキン・シェイク)等、 手軽に食べられるが栄養価に疑問のある食べ物を指します。糖質…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「西洋医学の長所と欠点」2

投稿日:2012年10月26日 09:00

■西洋医療の大欠点  「病名診断、即、薬」という治療法は急性病や救急病には良いかも知れな いが、ほとんどの慢性病や難病には大変問題があるのである。もちろん、こ の図式で完治するならいっこうに問題はない…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 糖質制限食

投稿日:2012年10月19日 09:00

 炭水化物の主成分「糖質」の摂取を極力減らして、肥満や糖尿病の予防、 改善に生かそうとする食事療法に関心が高まっています。メニュー作りが面 倒なカロリー制限食に比べて継続しやすいのが特徴です。ただ、長…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「西洋医学の長所と欠点」1

投稿日:2012年10月12日 09:00

・西洋医療が主流な理由-2つの長所-  西洋医療は今や全世界の主流の医療である。この西洋医療は100年以上も 主流であった。いろいろと欠点が指摘される西洋医療だが、何か良いところ がなくてはこんなにも…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ペットと感染症

投稿日:2012年09月25日 09:00

 犬や猫などのペットを室内で飼う人が増えています。2008年の15歳未満の 子供の数は1725万人ですが、犬や猫の飼育数は2271万匹と子供の数より多い 状況です。気をつけたいのが感染症のリスクです。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 酵素不足と首の不調

投稿日:2012年08月30日 09:00

 首のこりや痛みの最大の原図は姿勢の悪さです。しかし、姿勢を正しても 首の不調が改善しない場合には、胃や食道の不調が原因となっているケース が考えられます。なぜ内臓の不調が首のこりや痛みと関係があるの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐の植林活動「健康という使命」

投稿日:2012年07月03日 09:00

 うーさぎ、うさぎ、何見て跳ねる。十五夜お月さま見て、はぁぁねぇる。 『今』から6000万年前、月と地球の距離は現在の約半分の20万kmでした。十 五夜ともなれば、月の大きさは今の約4倍に見え、その明…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「病気を治すのは」3

投稿日:2012年06月07日 09:00

 今まで「生は冷める」「加熱の方が繊維も多い」「加熱の方が栄養を含む」 「生は水分だらけで栄養は少ない」として嫌われてきた生野菜や果物に対し て、その素晴らしさが徹底的に書かれた画期的な内容を読み、私…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 足の裏まで森林浴

投稿日:2012年05月25日 09:00

 人間の体の中で一番酷使されているのが足の裏と言われています。足の裏 は靴と靴下、ストッキング、裸足になっても通気性の無い化学塗料のフロー リングに密着、お風呂の中では呼吸ができないという、言わば呼吸…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「病気を治すのは」2

投稿日:2012年05月11日 09:00

 分子栄養学では、ビタミンCやその他のビタミン、多数のミネラル、そし てたんぱく質(特にアミノ酸)の重要性を中心にこの栄養学を構築していま すが、消化からはじまる肉体の成り立ちのアナログ的つながり(有…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「病気を治すのは」1

投稿日:2012年04月17日 09:00

 「病気を治すのは、医薬ではなく、本人の自然治癒力である」。どんなに 優れた医者でも、医聖ヒポクラテスのこの文言には首を縦に振ることでしょ う。皆さんは「アロパシー」と「ナチュロパシー」という言葉をご…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ファイトケミカル

投稿日:2012年03月09日 09:00

 ポリフェノールやカロテン、イソフラボンなど野菜や果実などに含まれて いて身体に良いとされているカタカナ名の成分をファイトケミカルと呼びま す。ギリシャ語で植物を現わすファイト(phyto)と英語の化…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「本物のサプリメント」3

投稿日:2012年02月23日 16:30

 今、サプリメントは大変進化してきました。 そしてこれらの良いサプリメントの特徴は「自然な生薬」 を使っており、ピュアーな化学薬品とは全く違うものだということです。そ もそも副作用が全くないことが大前…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「本物のサプリメント」2

投稿日:2012年02月03日 09:00

 サプリメントの第二の目的は、「生きていくうちに減っていく物の補給」 という意味もあります。エドワード・ハウエル博士の「酵素栄養学」という 本が1985年に発売されて、にわかに脚光を浴びた酵素の存在で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ヒートショック

投稿日:2012年02月02日 09:00

 入浴中に急死する人の数は年間約14000人、そのうち65歳以上の高齢者は 約11000人です。高齢者が冬に気をつけなければいけないのは、急激な温度 変化に伴って起きる体調不良のヒートショックです。入…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と睡眠「桐めんえきベッド」

投稿日:2012年01月27日 09:00

 今年は例年に比べて寒い日が続いていますが、体が芯から温まるために重 要なのは水分だというのはご存知でしょうか?熱と水分が一緒になると熱過 ぎない心地よい熱が体の表面から深部まで伝わっていきます。  …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 血管ほぐし

投稿日:2012年01月10日 09:00

 寒さ本番となってきました。手がかじかんだりしたときに自然に手をこす って温めようとしますが、実はこの動きには科学的な根拠があるようです。 体をこする動作により皮膚の下の動脈が刺激され、血管の中に一酸…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「本物のサプリメント」1

投稿日:2011年12月27日 09:00

 世の中にはそれこそ掃いて捨てる程サプリメントが存在し、それこそ何万 何十万というサプリメントが製品化されています。しかし、それは製品がそ の位出ているというだけで、種類としてはせいぜい100種類もあ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「麻の5本指ソックス」2

投稿日:2011年12月22日 17:10

 近年、ブーツを履く女性の中には、冬場に水虫に悩まされる方が増えてい ます。ブーツを履くと足全体が温かくて良いのですが、足の指の間に汗をか くとブーツ内に湿気がこもって蒸れてしまいます。そのため、指と…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「麻の5本指ソックス」1

投稿日:2011年12月09日 09:00

 冬の寒い季節、足先からの冷えが気になるという人が多くいます。そんな 方には5本指ソックスがお勧めです!「夏の水虫対策ソックス」というイメ ージの強い5本指ソックスですが、実は体を温めるのにとても効果…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 携帯電話の電磁波

投稿日:2011年12月08日 09:00

 世界保険機構が携帯電話から出る電磁波に「発ガン性があるかもしれない」 という評価を下しました。評価をまとめたのは、国際ガン研究機関のタスク 会議で、携帯電話と脳腫瘍に関する疫学研究や動物実験から携帯…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 微小循環の重要性

投稿日:2011年11月10日 09:00

 西洋医療に留まらず東洋医療も学び、漢方(中医学)、鍼灸・気功そして 酸素栄養学を独自に勉強後、2000年以降アメリカ・ヒューストンで活躍中の 酸素栄養学博士達と研鑽を積み、酵素栄養学他を用いた治療法…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 再生医療

投稿日:2011年11月01日 09:00

 病気やケガで機能を失った体の組織や臓器を再生させる「再生医療」の実 施例が増えてきました。合わせて健康保険で費用の一部がカバーできる臨床 研究や先進医療の分野で治療が受けられるようにもなりました。 …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 RSウイルス感染症が大流行

投稿日:2011年10月11日 09:00

 冬季に流行するRSウイルス感染症の患者報告数が、例年より早い時期から 増加しています。国立感染症研究所感染症情報センターのまとめによると、 RSウイルス感染症の小児科定点医療機関からの患者報告数は6…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康管理やりなおし倶楽部

投稿日:2011年09月30日 09:00

 すべての病気には必ず原因があります。現代医療(西洋医学)では病気の 現象だけを見て診断し治療を行っています。病気になった原因を探ることは せずに、ただ現象に対する対症治療をするのです。また、病名が同…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 人工甘味料

投稿日:2011年09月06日 09:00

 ここ数年のダイエットブームで、カロリーゼロや糖質ゼロ、カロリーオフ といった表示の飲料水が目につくようになってきました。表示がある食品に は、砂糖、果糖、ブドウ糖などの代わりに人工甘味料が使われてい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 第37回「医療時局&健康管理について(総論)」

投稿日:2011年09月01日 09:00

第37回「医療時局&健康管理について(総論)」講演会&勉強会           健康管理やりなおし倶楽部 医学博士 土橋重隆 氏  1部は最新の医療時局と病気や治療などをテーマにした土橋先生の講演。…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「放射線のリスクから体を守る栄養学的対策」3

投稿日:2011年08月26日 09:00

 今回の原発事故の結果、私たちの生活環境が大きく変化してしまいました。 これをターニングポイントとして、欧米化した食生活や自然から離れた人工 的で不自然な食生活を止めて、日本に昔からある伝統的な食文化…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「放射線のリスクから体を守る栄養学的対策」2

投稿日:2011年08月04日 09:00

 細胞の免疫力を高めることにより健康を守る研究の第一人者、杏林予防医 学研究所所長・山田豊文先生の【放射線のリスクから体を守る栄養学的対策】 についてのご提案です。 6.食べ物から必須ミネラルを十分摂…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 第九回「鶴見酵素栄養学協会」講演会

投稿日:2011年08月02日 09:00

第九回「鶴見酵素栄養学協会」講演会  「柔らかな体が若さと健康を保つ」 真向法協会 副会長 加茂真純 氏  「細胞の純化/心満開/円(縁)」              振動性音響アーティスト 雲母(キ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 放射線のリスクから体を守る栄養学的対策

投稿日:2011年07月01日 14:21

 細胞の免疫力を高めることにより健康を守る研究の第一人者、杏林予防医 学研究所所長・山田豊文先生の毎日摂る食事によって傷ついたDNAを修復 するという【放射線のリスクから体を守る栄養学的対策】について…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 鶴見式酵素ファスティング

投稿日:2011年06月17日 09:00

 2011/5/3-5/5の二泊三日で「鶴見式酵素ファスティング(断食)合宿」 に参加してきました。合宿した場所は北投石とバード・ガスタイン鉱石の効 能溢れる湯治の宿として知られている伊豆長岡温泉「弘…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 放射線の影響

投稿日:2011年05月09日 09:00

 原発から飛散してくる、ごく少量の放射性物質の微粒子からの影響を避け るためには、花粉対策の鉄則である「吸い込まないようにする」「接触しな いようにする」「室内に持ち込むな」を守ることが重要です。では…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ヨウ素の予防目的

投稿日:2011年05月06日 09:00

 1年間365日で浴びる放射線を1日で一気に被曝した場合の人体や健康へ の悪影響が報道されています。そして、一気に放射線被曝した場合は50mgか ら70mgのヨウ素が必要とされ、医薬品としてヨウ素錠が…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 もしも被爆したら…

投稿日:2011年03月30日 09:00

 1945年8月9日、長崎に原爆が投下されました。その爆心地から、たった 1.8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と 病院関係者は全員被爆しました。博士は、次のように職員…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 放射能について

投稿日:2011年03月29日 09:00

 この度の東北地方太平洋沖地震により、犠牲になられた方々のご冥福をお 祈り申し上げますと共に、被災された皆様、並びにご家族の方々に対しまし て心よりお見舞い申し上げます。復旧、復興と皆様が一日も早く普…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 水素と酵素が生命を救う

投稿日:2011年03月25日 09:00

 私は1985年に医学部を卒業後、内科全般、特に腎臓・透析を中心に医療・ 研究をしてきた典型的な西洋医で、漢方の専門医でもありますが、何か足り ないものをずっと感じていました。いくら漢方薬の使い方が上…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 心拍数と寿命

投稿日:2011年03月18日 09:00

 東北大学や欧米などの調査で、脈が速いと死亡リスクが高くなるとの報告 があります。血圧が正常でも心拍数が70回以上の人は、そうでない人よりも 心臓病によるリスクが約2倍に増加します。高血圧の人は心拍数…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 酵素栄養学

投稿日:2011年03月11日 09:00

 酵素栄養学とは、酵素を生命の維持に不可欠な栄養素のひとつとして考え た主張で、エドワード・ハウエル博士が1946年に専門書を、1980年と1985年 に一般向けの著書を出版して知られるようになりまし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 花粉症対策「喉の乾燥に注意!」

投稿日:2011年02月25日 13:07

 この季節の花粉症対策として重要なのが「喉のケア」!「実は“乾燥”は 大敵なんですよ」と、アレルギー内科、呼吸器内科の専門医である池袋大谷 クリニック院長の大谷義夫先生が話しています。  「花粉症の症…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マイナス水素イオン2

投稿日:2011年02月18日 09:00

マイナス水素イオン2 ■脳疾患の予防・治療と水素水  水素の効用については、日本国内の企業やさまざまな研究機関が注目し、 その研究結果を発表しています。2009年には、パナソニック電工と九州大学 大学…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 花粉対策メール

投稿日:2011年02月04日 09:00

 ウェザーニューズは、まもなく迎える花粉シーズンに向け、携帯サイトと インターネットサイト、BSデジタル放送「ウェザーニュース」内の『花粉 Ch.』 で花粉情報の配信を開始しました。『花粉Ch.』では…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 抗加齢

投稿日:2011年01月12日 09:00

 抗加齢=アンチエイジングに対する意識が大きく変わってきています。見 た目の若さを優先した美容やサプリメント中心の商業主義から健康長寿の実 現手段とする考え方が広がってきています。  体の老化がどの程…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 インフルエンザ予防対策

投稿日:2010年12月24日 16:20

 国立感染症研究所は2010.12.24、全国約5000の定点医療機関から報告され た1週間のインフルエンザ患者数が6758人になり、全国的な流行入りの指標 である「1医療機関当たり1人」を上回ったと…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「マイナス水素イオン」1

投稿日:2010年12月03日 09:00

■水素の抗酸化力と医療への応用  宇宙で一番小さく、また最も多く存在する原子は「水素」です。この「水 素」には、私たちの健康を保つ上で、とても重要な働きがあることが最近の さまざまな研究によって分かっ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 めかぶフコイダンでインフル抗体増

投稿日:2010年12月01日 13:12

 メカブの粘り成分「フコイダン」がインフルエンザワクチンの効果を高め ると、ヒトを対象にした理研ビタミン、豊中愛和会、武庫川女子大国際健康 開発研究所の共同研究で分かり、神戸市で開かれた国際免疫学会で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 インフルエンザ流行の兆し

投稿日:2010年11月26日 15:53

 秋田県の病院で高齢者8人が集団感染で亡くなるなど、インフルエンザが 流行開始の兆しをみせてきました。昨シーズンは新型(H1N1)が猛威をふる いましたが、今年は季節性、中でもA香港型(H3N2)が流…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ほおずきチェリー「なでしこ」

投稿日:2010年11月05日 09:00

 桐の樹間農業として取り組んで参りました、無農薬食用ほおずきチェリー 「なでしこ」が旬を迎え、食べ頃となりました。日本では観賞用として人気 のほおずきも、ヨーロッパでは食用として親しまれています。ほお…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 もの忘れセンター

投稿日:2010年10月08日 09:00

 愛知県大府市の国立長寿医療研究センターに「もの忘れセンター」(鳥羽 研二センター長)が2010.09.21にオープンしました。認知症を専門に診断か ら治療、ケアまで総合的に扱う「認知症疾患センター」…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 バンキー療法

投稿日:2010年10月01日 09:00

 みなさんは、「吸い玉」「カッピング」という療法をご存知ですか?陶器 やガラス、竹筒などで作られたカップを肌に吸着させるもので、世界各地に 同様の療法が伝承されています。欧米ではカッピング、中国で抜罐…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 粋き活き農場のこだわり

投稿日:2010年09月03日 09:00

 秋田県大潟村で30年以上にわたる有機農法によるお米作りと籾から発芽さ せた究極の発芽玄米「芽吹き小町」を開発した粋き活き農場代表井手教義さ んのこだわりについてご紹介します。 ■厳選した充実度の高い…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 増えるパソコン病?

投稿日:2010年08月20日 09:00

 「考えがまとまらない」「なんかダルい」そんな人はパソコン病かも?! 体の痛み、脱力感、ふらつき…このような症状を訴える人が最近急激に増え ています。さらに、パソコンだけでなく、流行の3D映像やテレビ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 籾発芽玄米「芽吹き小町」

投稿日:2010年08月09日 09:00

 玄米は健康に良いといわれていますが、炊飯に手間がかかる、食べにくい、 消化がよくない…など、その高い栄養価を加味してもなじみにくい欠点があ るのも事実です。そのような玄米の欠点を補い、栄養価を備えつ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康と医療「玄米食で糖尿病低下」

投稿日:2010年07月05日 09:00

 米ハーバード大などの研究チームが、玄米などの全粒穀物を食べる人たち は、白米その他の精白した穀物を食べる人よりも2型糖尿病を発症するリス クが低い、とする研究結果を発表しました。研究は、ハーバード大…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 体ぽかぽかドリンク♪

投稿日:2010年06月11日 09:00

体ぽかぽかドリンク♪ スーパー黒酢 私も愛飲している鶴見クリニックで患者さんにおすすめしている 「スーパー黒酢」の作り方を紹介します。 体が疲れやすい、何となく調子が悪いという方は、試してみて くださ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 酵素食でダイエット効果も!

投稿日:2010年06月08日 09:00

酵素食でダイエット効果も! 半断食B:果物・生野菜タイプ 朝食: 果物1種類(例/リンゴ1個など。) 生野菜3-4種類(例/トマト1個+サニーレタス1枚+キュウリ1本など) ドレッシング(しょう油小さ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「水素の可能性」?

投稿日:2010年03月08日 09:00

「水素の可能性」? 4 マイナス水素イオンとは   「マイナス水素イオン(H?)を発生するサンゴ微粉末」は、高温高圧の  無酸素還元状態の中で水素ガスがプラズマ状態でイオン化して、サンゴ  カルシウム…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「水素の可能性」?

投稿日:2010年03月02日 09:00

「水素の可能性」? 3 薬では治せない万病の元、活性酸素   次に第二の条件、活性酸素による細胞の酸化に対しても、マイナス  水素イオン(H?)による電子「e?」の供給によって解決できます。   誰で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「水素の可能性」?

投稿日:2010年02月26日 15:00

「水素の可能性」? 1.細胞から見た「健康な体」とは   人の体は60兆個の細胞から出来ていて、その一つ一つの細胞内に  は50?100個ものミトコンドリアが存在しています。そのミトコンドリアは  ?…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 冷えは万病のもと

投稿日:2010年02月10日 09:00

 インフルエンザの影響もあり、体温を高くすると免疫力が上がるという内 容の本が売れています。医師の斉藤真嗣氏が書いた「体温を上げると健康に なる」は昨年3月の発売から43万部以上発行され、50?70代…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展 エイジングケア2010

投稿日:2010年02月01日 09:00

 近年、医療従事者は、生活習慣病の予防・改善を目的とするヘルスケア事 業およびそのモデル構築に関心を示しています。又、消費者側からも生活習 慣病の増加、高齢化社会の到来を背景に、予防医療や抗加齢医療な…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 玄米素材「ギャバ200」

投稿日:2009年12月25日 14:00

 白米では摂れない玄米栄養成分の殆どが米ぬか・胚芽に集中しています。 玄米食が体にいいことは誰でも知っていますが、毎日玄米食を続けることは なかなかできません。この栄養の宝庫、新鮮な米ぬか・胚芽から生…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カンタン検査「爪分析&最新栄養療法」

投稿日:2009年10月23日 09:00

カンタン検査「爪分析&最新栄養療法」  気になるところがあったら・・・   ミネラルバランスのチェックをお薦めします!  「爪分析」をすると、あなたに必要な栄養ミネラルと蓄積した有害ミネラ ルが数値で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「インフルエンザかな?」?

投稿日:2009年10月16日 09:00

 通常のインフルエンザは、毎年秋以降に流行しますが、今年は豚に由来す る新型インフルエンザが発生していることから、秋以降には通常のインフル エンザと新型インフルエンザが重なって流行するものと考えられて…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 空気清浄機は酵素で進化した

投稿日:2009年10月05日 09:00

 現在、私達の生活に猛威を振るいだしたウイルスやバクテリアは微小生物 であり、水銀、カドミウムなどの重金属の猛威とは大きな違いがあります。 その違いは、具体的にどのような形で私達に迫ってきているのでし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カンタン検査「爪分析&最新栄養療法」

投稿日:2009年09月11日 09:00

カンタン検査「爪分析&最新栄養療法」  気になるところがあったら・・・   ミネラルバランスのチェックをお薦めします!  「爪分析」をすると、あなたに必要な栄養ミネラルと蓄積した有害ミネラ ルが数値で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康・医療・福祉の未来像を求めて「コ・メディカル産業展2009」

投稿日:2009年08月04日 09:00

 健康は自己責任という時代を迎え、病気にならないための「予防医学」、 病気の発症を抑える「未病学」、西洋医療と補完・代替医療による「統合医 療」への関心が高まっています。  地域医療の受け皿となる薬局…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 食物繊維

投稿日:2009年08月03日 09:00

 体の毒素の約75%は大便によって排出されます。大便の排出がうまく機能 しないと、体の毒素が血液に入り込んで肌荒れや口臭だけでなく、肝臓や腎 臓などの臓器にも負担をかけることになります。腸の善玉菌を増…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「統合医療展2009」

投稿日:2009年03月06日 09:00

 医療と健康をつなぐ場の創設を目指す「統合医療展2009」では、調剤薬局 が行なうサプリメント事業、歯科が行なうエイジングケア、病院・介護施設 が行なう栄養療法と運動療法を併用した予防医療等、具体的な…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「新型インフルエンザ対策」?

投稿日:2009年01月30日 14:33

■家族が感染してしまったら 1.家族がうつらないようにするには?  患者と家族ともにマスクを着用します。看護するにあたって、最低限、患 者と看護する家族の両方がマスクを装着するようにしましょう。咳やく…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「新型インフルエンザ対策」?

投稿日:2008年12月26日 17:23

 いま、世間で騒がれているインフルエンザが変異し、人から人に感染するようになったものが「新型インフルエンザ」です。この新型インフルエンザは、これまでに類を見ないほどの「強毒型」になる可能性が高く、感染…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 薬石エネルギー

投稿日:2008年11月28日 16:56

■大自然の循環に調和して、元気で、明るく、美しく生きる歓びを提供したい  大宇宙では何も止まっていません。すべてが動き続けています。すべてが 循環の律動を繰り返しています。その循環の軌跡は大変優美な形…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 悪性腫瘍の治療

投稿日:2008年08月01日 09:36

 私達が長く専門としてきた動脈塞栓術を、がん治療や今まで治療の難しかった病気に応用したいと願い、関西空港の対岸にあるりんくうゲートタワービルに『ゲートタワーIGTクリニック』を5年前に開設いたしました…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 ノドのアンチエイジング

投稿日:2008年03月31日 11:09

 私達は子どもの頃から、「外から家に帰ったらうがいをしなさい」とよく親に言われたものです。「外はホコリっぽく、ばい菌も多いので、うがいをしないと風邪をひきますよ」その教えを守って何百万人、何千万人の人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 認知症の予防

投稿日:2008年02月25日 09:36

 日本の医療費は年間約31兆円といわれています。保険で使われている薬剤の価格は世界一高いのですが、病院の70%が赤字経営で病棟・病院の閉鎖や統廃合が進んでいて、病気にならないための予防が不可欠な時代に…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康博覧会2008とは

投稿日:2008年02月01日 10:10

 健康博覧会とは、健康食品・サプリメントから健康機器、ビューティー商品、フィットネスまで、国内外から数多くの健康商品・サービスが一堂に会す我が国最大級の健康産業界のトレードショーで、今年で第26回目を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「ライフノドックス」で健康な毎日を

投稿日:2007年12月13日 09:25

Q:「ライフノドックス」って何? A:海藻エキスの超低分子糖鎖フコイダンから開発されました。 Q:何にいいの? A:体の中の淀みを流してくれます。例えば「ライフノドックス」でうがいをすると、喉のデトッ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 爪分析 その5

投稿日:2007年10月25日 16:05

○マグネシウム濃度が低いと マグネシウムの標準的な許容範囲値は、83.000?170.000mg/kgです。 マグネシウムは、ナトリウムやカリウムと言った電解質と酵素を活性化させる機能の両方を持つ、人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 爪分析 その4

投稿日:2007年10月11日 15:47

○カルシウム濃度が低いと カルシウムの標準的な許容範囲値は、718.000?1560.000mg/kgです。 カルシウムは、骨、そして、歯の形成、そして、筋肉および神経系統の機能にとって重要なミネラル…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カンタン検査「爪分析&最新栄養療法」

投稿日:2007年10月03日 09:32

 私たちの身体の中では、ミネラルが代謝と維持の大切な役割を担っていますが、食・環境・ストレスなどの影響で、多くの人は「栄養ミネラル」が欠乏し、「有害ミネラル」が蓄積している状態といわれています。  疲…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 爪分析 その3

投稿日:2007年09月27日 16:00

Q:爪分析の検査後は? A:あなたに必要な、栄養と毒素排泄のためのサプリメントをご提案します。 ・爪分析結果 必要な栄養ミネラルと、蓄積した有害ミネラルが分かります。 あなたに必要な栄養ミネラル(カル…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 爪分析 その2

投稿日:2007年09月14日 09:37

・体内毒素が老化の元! テレビ番組で体内に溜まった水銀が話題に! 老化は水銀の量で決まる?! 「体内毒素で老け方が決まる!」のテーマで放映されたテレビ番組で、老化の元凶は体内に蓄積した水銀と言われてい…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 紫外線と日焼け

投稿日:2007年08月24日 09:34

▽紫外線とは  人間の目に見える可視光線は、プリズムで7色に分けられます。「紫」が最も波長の短いものですがそれよりもさらに外側の波長の短いものが紫外線(Under Violet)です。紫外線は、目には…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 熱中症 その2

投稿日:2007年08月10日 09:30

【起こりやすい環境】 ・前日より急に温度があがった日 ・温度が低くても多湿であれば起こりやすい ・室内で作業をしている人が、急に外に出て作業した場合 ・統計的にかかりやすい時間帯は、午前中では10時頃…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 熱中症 その1

投稿日:2007年07月26日 16:00

熱中症は、外気においての高温多湿等が原因となって起こる症状の総称です。病態の違いから以下の4つに大きく分類されます。 1.熱失神 原因は直射日光の下で長時間行動しているような場合に起きます。発汗による…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 爪分析 その1

投稿日:2007年07月13日 09:38

Q:爪分析で何が分かるのですか? A:「栄養ミネラル」の欠乏と「有害ミネラル」の蓄積が分かります。 私たちの身体の中では、ミネラルが代謝と維持の大切な役割を担っていますが、食・環境・ストレスなどの影響…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 食中毒について

投稿日:2007年06月28日 16:02

食中毒は、その原因になった因子・物質によって、細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学性食中毒、自然毒食中毒、その他に大別されます。 食中毒の直接の原因は、飲食物などに含まれていた有害・有毒な原因物質を摂…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 デトックス

投稿日:2007年06月18日 09:32

 健康やダイエット、美容などに関連して「デトックス」という言葉をよく耳にすることが多くなってきました。 デトックスとは、de(なくす)-toxification(毒)を組み合わせた言葉の略語で毒素を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「メタボリックシンドローム」その5

投稿日:2007年06月14日 16:04

◇内臓脂肪がたまりやすい生活パターン  もし越えていなかったとしても、メタボリックシンドロームにならないために普段の生活を振り返ってみてください。  「階段より、エスカレーターやエレベーターを使う…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「メタボリックシンドローム」その4

投稿日:2007年05月24日 16:31

◇兵庫県尼崎市の取り組みについて  兵庫県尼崎市では市職員の医療費を分析した結果、高額医療費は、「動脈硬化性疾患」により占められていることが明らかになりました。そこで、動脈硬化を予防するために、健康診…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 サプリメント

投稿日:2007年05月18日 09:38

 現代の食生活は朝食抜きやコンビニ弁当、ハンバーガーやインスタントラーメンなどが増えたせいか、栄養のバランスが崩れています。食べ過ぎはもちろんですが、ダイエットと称してきちんとした食生活をおくらないこ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「メタボリックシンドローム」その3

投稿日:2007年05月10日 16:04

◇鍵を握るアディポネクチン?  内臓脂肪がたまり内臓脂肪型肥満になることをきっかけに起こるメタボリックシンドロームは、脂肪細胞の大きな関わりが最近になってわかってきました。  それまで、脂肪細胞の役割…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「メタボリックシンドローム」その2

投稿日:2007年04月26日 16:30

◇日本の診断基準  日本では日本人の体系や内臓脂肪型肥満の重要性を考慮して、2005年に日本内科学会総会で日本における暫定的な診断基準を発表しました。  日本の診断基準では、次の1.と2.を満たす場…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「メタボリックシンドローム」その1

投稿日:2007年04月12日 15:52

◇メタボリックシンドロームの定義 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪がたまること(内臓脂肪型肥満) 1)高血糖 2)血圧高値 3)脂質異常(高トリグリセリド血症または低HDLコレステロール血症) …続きを読む
この記事へのコメント (0)



 電磁波の影響

投稿日:2007年03月30日 09:48

 電磁波については、はっきり解明されていませんが、その電磁波の影響を受けて体調のすぐれない方、敏感になってしまい体のつらい方からの問い合わせや相談がとても多くあります。電磁波は目に見えませんが、その目…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「花粉症」について

投稿日:2007年03月22日 16:26

 花粉症とは、スギ、ヒノキ、シラカバなどの花粉によって引き起こされるアレルギー症状を指します。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙目などが主なものです。症状が酷(ひど)い場合は、まれに喉(…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「STEM01」について Vol.3

投稿日:2007年03月08日 15:58

【超低分子だから可能なバツグンの吸収性】 ?業界で最高位に低分子化された糖鎖物質? フコイダンは、通常の自然形態で分子量が約300万前後のとても長い鎖状の構造をしています。またセルロースという人間の胃…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 音楽音響療法

投稿日:2007年02月26日 09:32

 中国では何千年も前から目に見えない「気」と呼ばれる波動エネルギーを中国医学に応用しています。網構造体を音楽の低周波の響きで震わせ、微細な波動エネルギーを発生させて身体に吸収・反射させます。身体を温め…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「STEM01」について Vol.2

投稿日:2007年02月22日 15:40

【メカブでなければならない理由】 ?メカブは私たちの血液を構成する糖鎖物質の宝庫? フコイダンはモズクやメカブ・コンブなど褐藻類に含まれる粘質多糖類です。フコイダンを抽出するのにはモズクを使うと簡単で…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「STEM01」について Vol.1

投稿日:2007年02月08日 16:31

フコイダンサプリメントの原点、トンガモズク超低分子フコイダンの生みの親である海洋生物学者が開発しました。従来のフコイダンの数多くある課題を克服して開発された『STEM01』はメカブフコイダンから有効物…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.7

投稿日:2007年01月26日 09:23

<フコイダンの補足> フコイダンの良し悪しを判定する視点は下記の3点です。 ?複雑な鎖状(塩基)物質であるフコースのつながりをいかに小さく単糖 (塩基) 物質の低分子にすることが出来るか ?低分子のβ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 もうひとつのニート

投稿日:2007年01月22日 09:32

 ニートという言葉で思いつくのが学校にも行かず、仕事もしていない若者をさすNEETですが、生活習慣病対策にもニート(NEAT)という言葉が使われ、注目されています。ノンエクササイズ・アクティビティ・サ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 フコイダンドリンクSTEM01(ステムゼロワン)について

投稿日:2007年01月11日 15:39

  お問い合わせはライフスタイル総合研究所まで…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.6

投稿日:2007年01月11日 15:22

キーワードは『糖鎖』という物質です。 <フコイダンについて> フコイダンの定義は明確に辞書などで記されているわけではありません。解釈として専門的になりますが『L?フコース?4?硫酸 1→2結合』をフコ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展2007

投稿日:2007年01月09日 10:24

 「統合医療展2007」(1月17?18日)がパシフィコ横浜にて開催されます。同展示会では、統合医療を実践している医師・クリニックをはじめ、EBM訴求型のサプリメントメーカー、治療機器メーカー、統合医…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.5

投稿日:2006年12月28日 15:29

キーワードは『糖鎖』という物質です。 <海藻の構造(褐藻類:メカブ)> 海藻は?細胞壁多糖?粘質多糖?貯蔵多糖の3つの層に分類されます。 ?細胞壁多糖 海藻は手や金槌のような鈍器ではとても切れない柔ら…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.4

投稿日:2006年12月14日 15:44

 海藻の話しをする前にヒトの体の仕組みを理解すると、海藻がいかに体に優しいか理解しやすいでしょう。 キーワードは『糖鎖』という物質です。 <血液と海藻> 古くから海水と羊水など体液との一致性について語…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 睡眠と桐めんえきベッド

投稿日:2006年12月04日 10:12

 赤ちゃんがお母さんのおなかの中で、1?という小さな体に成長した時、これが妊娠5週目です。その時はまだ、人間らしい形には至っていませんが、脊髄を除いてはその体積のほとんどが脳であり、しかも大脳、中脳、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.3

投稿日:2006年11月22日 15:57

 海藻の話しをする前にヒトの体の仕組みを理解すると、海藻がいかに体に優しいか理解しやすいでしょう。 キーワードは『糖鎖』という物質です。 <海藻の自己防御機能>  私たち哺乳類よりもはるかに古い歴史を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.2

投稿日:2006年11月10日 14:40

 海藻の話しをする前にヒトの体の仕組みを理解すると、海藻がいかに体に優しいか理解しやすいでしょう。 キーワードは『糖鎖』という物質です。 <自己防御(免疫)システム>  私たちが風邪など様々なウィルス…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 健康のコツ

投稿日:2006年11月10日 09:20

 人体は摂取したミネラルに応じて生体反応を起こすといわれるほど、ミネラルは人間にとって不可欠なものです。生体がもっとも多く必要とするミネラルは、細胞内液に分布するカリウムで、次いで細胞外液に多いナトリ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「フコイダン」について Vol.1

投稿日:2006年11月07日 09:59

 海藻の話しをする前にヒトの体の仕組みを理解すると、海藻がいかに体に優しいか理解しやすいでしょう。 キーワードは『糖鎖』という物質です。 <代謝について>  日々、私たちは何気なく食物などから栄養を吸…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 備長炭ネックレス

投稿日:2006年10月13日 09:29

 今まで、様々なネックレスが健康に良いと言われて世の中に出ては消えていきました。大別すると遠赤外線と磁気に分けられますが、本当に正確なデータを取ったものにはなかなかお目にかかれません。  例えば鉱石系…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「海藻フコイダン」STEM01

投稿日:2006年09月06日 10:11

いま大変注目されている海藻フコイダンから抽出したフコイダンドリンク(海藻濃縮糖鎖エキス)STEM01(ステムゼロワン)とは、、、 ・私たちと海藻  私たち日本人にとって海藻は、味噌汁や酢の物などで馴染…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 糖鎖物質

投稿日:2006年08月01日 15:20

・糖鎖(とうさ)って?  最近TVや雑誌で「糖鎖」という言葉をよく耳にすることが増えてきました。「糖鎖」とは私たちが生命を維持するために欠かす事のできない必要不可欠な物質です。なじみのある糖鎖としては…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 メタボリック症候群

投稿日:2006年08月01日 15:16

 メタボリック症候群またはメタボリックシンドロームという言葉が最近、テレビや週刊誌で取り上げられています。  メタボリックとは英語でmetabolism、体のエネルギー代謝を意味します。 メタボリック…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 スプラウト「都市内農場」

投稿日:2006年05月22日 14:37

 昨今「健康志向」「食の安全重視」の傾向が強まる中で、スプラウト(芽だし野菜)は機能性野菜として大変注目されており、市場も急速に拡大しています。NHK「試してガッテン」やフジテレビ「あるある大辞典」な…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「有機農業推進法」作成に向けて

投稿日:2005年12月22日 14:49

 「有機農業は国の力、国の宝である」と私は固く信じている。確かに現在はまだ、国内で生産される農産物のほんのわずかしか有機栽培によって育てられていない。しかし消費者の間では食の安全を考え、できるだけ農薬…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医学的ガン治療

投稿日:2005年10月16日 00:49

悪性腫瘍の治療において、細胞レベルの診断(癌細胞の状態確認)と、進行度に応じた治療(手術、抗癌剤、放射線など)は必須です。しかしこれらの治療は、身体の基礎力(体質、体力、免疫力など)によって、その効果…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 神経インパルス健康法

投稿日:2005年05月16日 00:50

 インパルスとは「刺激」という意味で、「刺激を与えること」をインパルサーといいます。健康法のひとつに乾布摩擦という方法がありますが、摩擦という刺激はインパルスであり、摩擦を起こすタオルやタオルを使う人…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 カンタムエネルギー

投稿日:2005年04月16日 00:53

 1905年「すべての物体から光量子が放出している」と言う光量子理論を世に出したのがアインシュタインです。後の1923年、ロシア人の生物学者アレキサンダー・グルビッチ博士は、装置を使い光量子の放出を科…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 統合医療展2005

投稿日:2005年01月17日 01:10

 1月21日(金曜日)、22日(土曜日)にパシフィコ横浜で「第1回統合医療展」が開催されます。丹羽クリニックと丹伸研究所は、30年に渡る統合医療の実践を公開致します。  代替医療、混合医療、伝統医療と…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 桐免疫力ベッド

投稿日:2004年12月17日 01:13

病気は夜作られる!!  リラックスして寝れば体の緊張もほぐれるのに、眠るときまで眉間にしわをつくったままストレスを寝かしつけて自分は熟睡できない人、あれやこれや考えて貴重な睡眠時間を無意味に過ごしてし…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 重水素減少水

投稿日:2004年11月17日 02:09

 人間が生命を維持していくには水が大切なのは言うまでもありません。一生のうちに水は60トン、食料13トン、酸素18トンを消費すると言われていますが、それだけ飲料水の役割は重要なのです。こうした中で重水…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 予防医学「丹羽クリニック」

投稿日:2004年10月17日 01:17

 最近お医者さんや病院に行くと長時間待たされて、やっと問診を受けられたと思ったら触診もなく検査にまわされて、その結果が出るまで何の治療も受けられないなどの経験を持たれる方も少なくないと思います。  お…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「生体エネルギー」の応用

投稿日:2004年04月17日 02:11

・既存浴室床暖房工法で特許取得  「居ながら施工の床暖房」・「元気がでる床暖房」でおなじみの慈(いつくしみ)が既存浴室において、革新工法を開発しました。浴室と脱衣場の段差をなくす、導水具(施工部材)と…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 遠赤外線 「医療畳・光」

投稿日:2004年02月17日 02:12

  私は昔、ドラゴンボールというアニメに夢中になっていました。両手の平を重ね合わせてその中にエネルギー(氣)の球を作り、それを放って悪人をやっつける場面や身体全体から太陽のコロナのような強烈なエネルギ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 森がろ過した天然の水「白神山水」

投稿日:2003年11月17日 02:13

  数々の渓谷から山稜に至るまでをブナを主体とする原生林が覆う白神山地は原始の森が息づく世界でも数少ない山域です。うっそうたるブナの森は優れた保水能力を持つと同時に、土壌流出を防ぐ役割も果たすことで、…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 間接照明でリラックス

投稿日:2003年08月16日 11:49

 リビングや寝室ではなるべくリラックスしたいものですが、それには照明も重要な要素になります。照明の仕方で部屋の雰囲気はずいぶんと変わってきます。最近では部屋が少し暗くなっても、情緒のある柔らかなひかり…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 森林浴のすすめ

投稿日:2003年07月17日 02:14

 森林の効果は、森の持つさまざまな機能による複合的な働きによるものです。マイナスイオンも森にはあふれていますし、森ならではの静けさなど、いろいろあります。幅30m以上の森は森林のない所より1/8も騒音…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 シックハウス症候群対策施行

投稿日:2003年07月17日 02:13

 近年、住宅の高断熱・高気密化の増加傾向と比例するようにシックハウス症候群という問題が発生してきました。シックハウスは、燃焼する機器による水蒸気の発生による室内結露などが原因で発生するカビやダニ、建築…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 見えない公害「電磁波」

投稿日:2003年06月17日 02:27

  パソコンやテレビ、携帯電話、家電製品などから出ている目に見えない電磁波が体に及ぼす危険性は、日本ではまだ一般に知られていません。こうした電子機器からは、マイクロ波から超低周波まで幅広い電磁波が出て…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 小さな植物工場

投稿日:2003年06月17日 02:26

  最近、よく耳にするようになった「スプラウト(sprout)」。英語で発芽野菜、又は新芽野菜のことをいいます。種子と水があればできるので農薬の心配が少なく、安心して食べられる食品として、アメリカでは…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 温泉にご注意!

投稿日:2003年04月17日 02:27

 石川県の加賀温泉郷・山中温泉で2003年1月、レジオネラ菌感染による死者がでました。感染源は第三セクターの温泉施設の浴槽です。昨年、7人が死亡する集団感染が起きた宮崎県日向市の温泉施設と同様に、湯を…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 体内毒素を吸着「スミ・ズミ・キレイ」

投稿日:2003年01月17日 02:28

 法律で禁止されている食品添加物や、規定値をはるかに超えた残留農薬の問題が、ニュース等で取りざたされています。知らず知らずに、このような毒素が、体内に蓄積されているかと思うと、あまり良い気はしないもの…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 「芽だし野菜」のすすめ

投稿日:2001年12月17日 02:40

 芽だし野菜(スプラウト)、聞き慣れない言葉ですが、速い話しが、種子、豆が芽を出したところを野菜として食べてしまう事です。刺身のツマにでてくる、蓼やもやしがこの分類にはいります。  「蓼食う虫も好き好…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 快適住空間を創る「白色珪藻土壁材」

投稿日:2001年02月16日 12:36

 ■「予算がないから内壁はクロスに?」  身体の健康・快適・清潔は私たちの衣服の素材で決まります。もしあなたが汗の吸・放湿性のない化繊の肌着に、化繊のシャツを身に着け、しかも、その肌着やシャツから低濃…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 マイナスイオン

投稿日:2000年07月17日 02:36

「イオン」とは空気中に帯びた目には見えない微粒子のことです。宇宙線の影響や放射能、大気中の摩擦などから発生するこのイオンには、「マイナスイオン」と「プラスイオン」が存在します。  「マイナスイオン」は…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 快適な住まいのポイントは床下の調湿炭

投稿日:2000年07月16日 12:49

 木造家屋の床下湿度は、冬から夏にかけて増加し、夏から冬にかけて減少する。建築用材もこれに従って含水率が上下する。木材は含水率が20%以上になると湿性カビが生えやすくなります。床下の湿気が増加するとカ…続きを読む
この記事へのコメント (0)



 木炭利用で健康住宅

投稿日:2000年03月16日 12:52

 木炭は最近になって、燃料用途以外で河川や空気の浄化、土壌改良など環境改善のだめの利用法が注目されています。さらには健康な住宅環境を保つためにも、木炭の働きが大変効果的であることが明らかになっています…続きを読む
この記事へのコメント (0)



ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所